※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイル共有

Sambaでファイル共有を行う。

作成日/更新日

2011.09.19/2013.09.14

OS

SL6.1, SL6.4

手順 目次

  1. sambaインストール
  2. 共有ディレクトリの設定
  3. ディレクトリの作成
  4. sambaの起動と停止
  5. ユーザーの登録
  6. SELinuxの無効化
  7. アクセス設定


手順 内容

sambaインストール

# yum install samba

共有ディレクトリの設定

設定ファイルを編集する。
# vi /etc/samba/smb.conf

[global]
# Windows側で表示する文字コードを指定
dos charset=CP932
# Linuxサーバーでファイルを保存すときの文字コードを指定
unix charset=UTF-8
# Linuxサーバーでディスプレイ上に表示するときの文字コードを指定
display charset=UTF-8
passwd backend=tdbsam
# Windowsのワークグループを設定
workgroup=MSHOME
log level=2
log file=/var/log/samba/access.log

[public]
path = /var/samba/public
public = yes
writable = yes
printable = no

ディレクトリの作成

# mkdir -p /var/samba/public
# chmod 777 /var/samba/public
or
# mkdir -m 777 -p /var/samba/public

sambaの起動と停止

# service smb status
smbd は停止しています
# service smb start
SMB サービスを起動中: [ OK ]
# chkconfig --list | grep smb
smb 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
# chkconfig smb on
# chkconfig --list | grep smb
smb 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

ユーザーの登録

# pdbedit -a <ユーザー名>
Unknown parameter encountered: "passwd backend"
Ignoring unknown parameter "passwd backend"
new password:<パスワードを入力>
retype new password:<パスワードを再度入力>
Unix username: <ユーザー名が表示される>
NT username:
Account Flags: [U ]
User SID: S-1-5-21-4088723973-702875827-2394723095-1000
Primary Group SID: S-1-5-21-4088723973-702875827-2394723095-513
Full Name: <ユーザー名が表示される>
Home Directory: \\<ホスト名>\<ユーザー名>
HomeDir Drive:
Logon Script:
Profile Path: \\<ホスト名>\<ユーザー名>\profile
Domain: <ホスト名>
Account desc:
Workstations:
Munged dial:
Logon time: 0
Logoff time: never
Kickoff time: never
Password last set: 月, 19 9月 2011 14:38:30 JST
Password can change: 月, 19 9月 2011 14:38:30 JST
Password must change: never
Last bad password : 0
Bad password count : 0
Logon hours : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

FireWallの解除

Sambaのポートを開放する。

SELinuxの無効化

# vi /etc/selinux/config

無効にするので、以下を記載。
SELINUX=disabled

有効にする場合は、以下を記載。
SELINUX=enforcing

一時敵に有効・無効を切り替えるには、
有効は「# setenforce 1」。
無効は「# setenforce 0」。
確認は「# getenforce」。

アクセス設定

setsebool -P allow_smbd_anon_write on
chcon -t public_content_rw_t <共有ディレクトリパス> -R