男子キャラ女体化 ~INなのは~ 


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空中分解するギリギリの速度で”通路”へ向う。

ロンバート大佐を先に行かせるわけには・・・。

彼、深井零はそう思った。

カウントダウンが続いている。

あと数秒で、地球だ。

5、4、3、2、1・・・。

機体が振動し、フェアリィから地球へと、抜ける、はずなのだが・・・・。


「なっ!」

零は飛び起きると自分の体を見て驚きの声を漏らした。

髪は腰まで届く長い髪へとなっていて、胸にはふくらみが2つ。

そして、くびれが・・・。

「女、だと・・・ッ!?」

自分の血の気が引いた、気がした。

近くにあった鏡を見ると、顔も女になっている(元々キレイな顔立ちなので対した変わっていないが)。

もう、おれは、おれじゃないのか・・・。

いや、まだ、意識が・・・(以下略)。

「あ、大尉」

「っ!?」

扉から現れたのは桂城少尉なのは、分かる。

だけど、ふっくらした胸のふくらみ、こりゃ完全に女だ。

髪型は腰まで届く髪の先に、リボンをつけている。

「どうしました?」

「か、鏡を見ろ」

「?・・・うぎゃああああアッ!」

こちらは大パニックだ。

零も、パニックっているので、半分慌てている。



「ん・・・?」

彼、シン・アスカは、見慣れない天井に違和感を抱きながら身を起こす。

自分はフリーダムにやれられて、それから、それから・・・。

なんて考えながら。

バタンッ!

扉がいきなり大きく開く。

そこには女性が二人。

前髪の長い黒髪ロングの方と、同じく黒髪のリボン。

「や、やっぱり・・・・」

「体つきは変わっても体力は変わっていないようだ。安心した」

「安心してる場合ですかッ!?」

2人の女性は漫才を繰り広げる。

なんか、「おれは男だっ!」とか、「雪風に乗れるならそれでいい、ただ、恥ずかしい」とか騒いでる。

「あ、あの・・・?」

「黙っていろ、機長命令だッ!少尉!」

「は、はい・・・ちぇ」

前髪の長い女性はおれに近寄り、手に持った鏡を向ける。

「ああ・・・ッ!」

女性。

女体化してるよ、おい。

「んんん・・・?」

お、隣に人寝てたんか。

「あ、あの・・・・男、ですか・・・?」

と、声を搾り出して聞く。

「え?そうだけど?」

キョトンとする茶色セミロングの女性。

おれに向けられた鏡がその隣の女性へと移される。

「えええっ!これ、本当ッ!」

その後、表情が難しくなり、鏡が割れるほど見る。

胸にふくらみが二つ。

あきらかに、「お、お、女・・・ぁ!」である。

「え、え、えええ・・・」

とりあえず、何故か女性になってしまった4人は驚きの顔の後、憂鬱と言いたげな顔になる。

「・・・何故、女・・・?」

「雪風か・・・?いや、ジャム・・・いや、それもないだろう・・・」

「デュランダル議長が言ってたデスティニープランってほんとはコレ?」

それぞれ思案に入ってしまう。

そんな時だった。

「あ、なんだ、みんなここにいたんだ」

20になるかどうかの顔立ちをした金髪の女性。

「ここはどこだ?」

「ここ?ミッドチルダの中央病院。つい先日から眠りっぱなしだったから、心配してたんだ」

「貴方は?」

「時空管理局機動六課所属、フェイト・T・ハラオウンだよ、君たちは?」

4人は顔を見合わせた後、順に言った。

「FAF特殊戦1番機雪風パイロット、深井零大尉」

「同じくFAF特殊戦所属、1番機雪風フライトオフィサ、桂城彰」

「ザフトミネルバ隊所属、シン・アスカ」

「オーブ戦艦、アークエンジェル所属、キラ・ヤマト准将」

「・・・そっか、やっぱり・・・」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。