※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それからというもの、京介と翔一はすっかり仲良しになってよく遊ぶようになった。
しかも遊ばない日がほとんどないという程、遊ぶことが多いのである。
そんなある日の事だった…。
「翔一!ちょっとさ、俺の父さんがプログラム組んだゲームが今家にあるんだけど今日来る?」
京介と翔一はちょうど学校から帰るところで帰り道をぶらぶらと歩いていた。
「まじで!行く行く!」
翔一はいつも通りに京介の家へ行く約束をした。
「それじゃ、また後でな。」
「おう。」
翔一は急いで帰宅し、ランドセルを置いて京介の家へと向かった。
「おじゃましま~す!」
ゲーム屋のドアを開けると京介がもうドアの前で待ち構えていた。
「早く、上がって!」
京介と翔一は二階にある京介の部屋へ上がっていった。
京介の部屋へ行くと
もうゲームがテレビにセットされていた。

相変わらずベットの横にある棚にはゲームがたくさん収納されている。
「ま、楽にしてていいよ。」
いつもの決まり文句を京介が言い、翔一は遠慮なくテレビの前のソファーに座った。
京介はテレビの電源を点けて、ゲームのスイッチを押した。
すると画面にゲーム名がでかでかと表示された。
「クロノエルムの冒険」
普通ならオープニングムービーが流れるのが今のゲームの主流だがまだ試験版なのだろう。
「へー、クロノエルムの冒険か…。ところでクロノエルムって何?」
翔一は京介に尋ねた。
「さあ、父さんに聞いてみたけど国の名前だとか言ってたなぁ。」
京介の父がプログラムを組んだとすれば、ゲームシナリオの方にも手を掛けてることになる。
京介は翔一の隣に座るとコントローラーのスタートボタンを押した。
しかし今までゲーム名が出ていた画面はプツンと消えてしまった。
ただ音が流れるだけだ。
「あれ!?おかしいな?」
京介は不思議そうに立ち上がるとゲームの接続コードを確認した。
「なんだよー、期待させやがって不良品なんじゃないのかー。」
翔一は京介を軽くあしらった。
京介はコードをガチャガチャといじると今度は音まで聞こえなくなってしまった。
「ありゃりゃ……。」
「おい!京介!!」
「ってなんだこりゃ!?」
京介は画面を見ると突然驚いた。
黒い画面には白い字でこう書かれていた。