日下・打越・笹下地域


日下・笹下地域の「楽遊クラブ」の方々が作られた「日下・笹下地域の歴史年表」です。

日下・笹下の歴史年表.pdf

久良岐郡と関村について楽遊クラブの方々が作られた説明です。

久良岐郡と関村.pdf


楽遊クラブの方々が作られた「雑色・杉本遺跡」の説明です。

雑色杉本遺跡.pdf

楽遊クラブの方々が作られた「打越周辺」の紹介です。

打越周辺 .pdf

楽遊クラブの方々が作られた「関 周辺」の紹介です。

関周辺 .pdf


楽遊クラブが作られた「笹下城」の歴史説明です。

笹下城.pdf

成就院(楽遊クラブ)の説明です。

成就院p.pdf

東樹院(楽遊クラブ)の説明です。

東樹院.pdf

東福寺(楽遊クラブ)の説明です。

東福寺.pdf

天照大神宮(楽遊クラブ)の説明です。

天照大神宮.pdf

鰻の井戸(楽遊クラブ)の説明です。

鰻の井戸.pdf

大岡川分水路(楽遊クラブ)の説明です。

大岡川分水路.pdf

笹下、日下地域の歴史(含む笹下城)は下記の文献に詳しく記載されています。

  • 武州久良岐郡地名考:武内廣吉、平山和彦/1995.5.13.

  • 金沢道:金沢道(かなざわみち)は、東海道五十三次程ヶ谷宿(現保土ヶ谷駅)の金沢横町から金沢の六浦陣屋(現金沢八景駅)へ到る道の名称。
金沢からは朝比奈切通しを経て鎌倉へ通じる為、金沢鎌倉道とも呼ばれる。
  経路:保土ケ谷 - いわな坂 - 岩井 - 清水ヶ丘公園 - 蒔田 - 弘明寺 -上大岡 - 打越 - 栗木 - 能見台 - 金沢文庫・称名寺 - 町屋 - 瀬戸神社 - 金沢八景 (→鎌倉道・浦賀道)


笹下城については、下記のHPに詳しく記載されています。



現在の天照大神がある中登台には、かって松本城があったと記されています。




笹下・日下地域の歴史散策の会の記録です


第36回 関の下~笹下川沿いを歩く 散策の記録です。

第36回散歩(関の下~笹下川沿いを歩く).pdf
   ↑これをクリックするとPDFリポートを見る事が出来ます。

第37回 中登台・雑色杉本遺跡 散策の記録です。

第37回散策(中登台・雑色杉本遺跡).pdf

第39回 笹下城周辺 散策の記録です。

第39回散策(笹下城周辺散策).pdf

こうなん 道ばたの風土記より











こうなんの昔ばなし より







<タグに 笹下 または 日下 >を入力したページを新規に作成すると、ここに自動的にリストアップされます。