近世の港南区エリア


江戸時代、この地域は「江戸」に近く、江戸の広域経済や文化圏に属していました。この地域では米作農業、養蚕等で幕府の年貢・賦課・幕藩体制の下で人々は暮らしを立てていました。
相模の国永野地域は東海道に近く、戸塚宿の助郷にも加わっており、当時の経済・文化は東海道沿道より、「かねさわ道」等を通って伝わってきました。

港南区の近世の歴史について、遠藤吉隆さんのまとめを下記に掲載いたします。

港南区の歴史近世.pdf

江戸時代の村々 YD0024b0.pdf

江戸時代の各村t.pdf

江戸時代の村の規模 .pdf

江戸時代の石高① .pdf

江戸時代の石高② .pdf

江戸時代の小字 .pdf











<タグに 近世 >を入力したページを新規に作成すると、ここに自動的にリストアップされます。