たたらの火とヤマトタケル (日野)


 皆さんは、武相国境の話を聞いたことがありますか。武蔵の国と相模の国の境が、この港南区のまんなかを通っていたのですって。横浜全区の中でも、国境が区の中にあったのは、港南区だけとのこと、びっくりしますね。
 そして、この国境の道は、「たたら師」(鉄を作る人)の通った道でもあるといわれています。この道すじには、金の字のつく地名、鍛冶屋という屋号をもつ家、先祖が金物師だという家がとても多いのです。その理由を、むかしむかしにタイムスリップして考えてみましょう。

 むかし、西の方の大和という国にいた王族が、東の国を征服しようとくわだてて、その中の一人ヤマトタケルが、大ぜいの兵士をひきつれて、東へ東へとむかってきました。
 この軍が通る道すじを治めるために、兵士以外にも、武器をつくる人や、食べ物を用意する人をつれてきました。
 ちょうどいまの港南あたりに、ヤマトタケルがさしかかった時、急に天気が悪くなり、まっ黒な雲と稲妻、そしてゴロゴロと雷が鳴り、いくつもの雷が落ちました。
 ヤマトタケルは、そうしたことで、この辺の地層がわかったのです。どうわかったかというと、港南区、特にいまの港南区役所の近くには、「雷」という地名があったくらい雷が落ちやすいのです。そうした場所には厚い砂鉄の層があり、日野川にも砂鉄が、赤く川底に沈んでいたといわれています。そして、この砂鉄を使って、仕事をする人も住んでいました。ヤマトタケルは、こうした鉄の文化を伝える役割もはたしていたのでした。

 武相国境をはさんで、この辺には、金井、大たら、栄区側の鍛冶ケ谷、戸塚区の金井、金沢区の釜利谷、かねくそ沢、等にも金のつく地名が残されています。
 ヤマトタケルの軍団は、三浦半島に出て、舟にのって、房総の金谷へ渡ったとされていますが、港南の昔の人たちは、日野を通って、三浦へぬけたと考えています。
 武相国境には、たくさんの横穴墓があり、人骨や、さびた刀剣が掘り出されているのも、こうしたことを、裏づけるものといえます。またヤマトタケルをまつった神社もあります。日野川の下流から円海山のあたりに、夜、「たたらの火」が、あかあかと、あちらこちらで燃えていたなんて、歴史のロマンを感じますね。






添付ファイル