Trumpet


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

楽器

  • Bach 180ML 36 SP
  • Bach C180L 256/25H SP
  • (Bach 180ML 36 GB SP(借り物))返却


マウスピース

Throat Backbore Cup
Laskey 80C(K氏借り物→返却) #27→#22 #7-like 17.27mm(.680")
シルキー16 (09.10.12購入) ? ? 17.20mm
Laskey 75MC (08.12.13購入) #27 #7-like 17.15mm(.675")
Laskey 70C(I氏借り物) #27 #7-like 17.02mm(.670")
YAMAHA 16C4(借り物) 3.65mm ? 17.00mm
Bach 1-1/2C #27→#26(3.73mm) #10 17.00mm
Bach 1-1/2B #27(3.66mm) #7 17.00mm
YAMAHA 14C4 3.65mm 16.88mm
Bach 5B #27 #7 16.25mm
Bach 7C #27 #10 16.20mm

09.10.12 心斎橋ヤマハ

マウスピース試奏
Bach 1-1/2Bかシルキー16が良い.
Bach 2シリーズは息の通りが悪い.

ヤマハのロータリー,10年弱くらい前は「ラボ・シンフォニー」シリーズとして販売

メモ書き

Laskey 80C
かなり良い線だが,もう少しだけ楽に吹けたら嬉しい
→スロートが大きすぎるかも?カップ径かも.
アタックの際,必要な息の量がもう少ない方が自分向きかも.今は少ししんどい(練習不足もあるだろうが)
08/12/11 ん?1-1/2Cも案外いいぞ?
吹き比べるもの
  • Laskey 75C が有力?
  • Laskey 75C,80MC,80C など (全部スロート#27なので注意する)
  • 類似の他メーカーのもの
  • 80Cが一番良いとなれば,それのスロート少しずつ広げて検討

リム,カップ,スロート,バックボア,シャンク

Throat depth (from Bach manual)

28 3.57mm
27 3.66mm
26 3.73mm
25 3.81mm
24 3.86mm
22 3.99mm
21 4.04mm
20 4.09mm

Bach manualのまとめ

リム

厚い→持久力
薄い→柔軟性,音域
丸い→comfort
鋭い→明るい,アタックの正確さ

カップ

大→音量,コントロール
小→疲れにくい
深→暗い音(特に低音)
浅→明るい音,反応良い(特に高音)

スロート

大→自由に息が入る,音量,高音が鋭い(非常に大きい場合は低音も鋭くなる)
小→抵抗感,持久力,明るい音,高音を抑える

バックボア

サイズ・形・その他の部位の形状などとの組み合わせで様々な効果,一概には言えない

Bachbore size
No. 24 Symphonic
No. 7 Schmit style
No. 3 Dark
No.117 Piccolo trp 用
No. 87 豊かな音量
No. 76 シャープで明るい
No. 41 抵抗感があり明るい
No. 57 鮮やかなハイトーン

Laskeyへの質問の答え(2012/11/23)

The backbore I use in the 75MC, 75C and the 80C is a backbore I designed
about 25 years ago when I was working at Schilke.
The shape is not unlike the Bach 7, bit with a bit more taper at the top,
under the throat, in order to keep the pitch up in the upper register.

I make a variety os special backbores that are used in orchestras around the
world.
The 75 is the backbore I made for Adolph Herseth when He was playing in
Chicago.
The 24 is a copy of the Bach 24 backbore.
The 24* is the version of this I use for Phil Smith, with the NY
Philharmonic. It is just a bit wider at the top of the backbore than the
standard 24

リンク


練習メモ

2008.12.16

必要十分な量の息を全ての音に送り込む練習が必要(曲ならゆっくりから練習する)
息の量が多すぎても,少なすぎても,当たり前だが良くない.自分はとにかく沢山吐こうとするのが悪い癖だ.