※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第4部 バルバロッサ編 第3話「伍長暗殺」Attentat Gefreiter

2006年12月14日 放送

概要
マキの叔父クラウス・フォン・シュタウフェンベルクによる総統暗殺事件。
ドイツの暑い一日が始まる。


1904年から日本で販売されている煙草「チェリー」のこと。
戦時中は敵性言語と言うことで、作中の「桜」に改名していた。
ちなみに、現在(2006年現在)販売中の煙草「さくら」「チェリー」は、双方ともに「桜」と違うブレンドである。

ヴェルナー・フォン・へフテン中尉

第二次大戦中のドイツ陸軍少尉。
1944年7月20日の計画として知られているヒトラー暗殺計画に共謀した。
史実ではシュタウフェンベルクの副官となったのは1943年。
実際には暗殺事件失敗後シュタウフェンベルクらとともに銃殺された。

ベルトルト

ベルトルト・フォン・シュタウフェンベルク
クラウス・シェンク・グラーフ・フォン・シュタウフェンベルクの兄
弟とともに反ヒトラー派に参加し、史実では暗殺事件失敗後に逮捕され1944年に処刑された。


ユンカース52

Ju 52
ユンカースとはドイツの航空機メーカー。
Ju 52は主として、輸送機や旅客機として用いられた。1930年代から第二次世界大戦中のドイツ軍用輸送機として用いられる。
ジュラルミン波板の外皮構造と3発のエンジンが特徴で、極めて頑丈な機体でありタンテ(おばさん)の愛称で呼ばれていた
第二次世界大戦では、ルフトヴァッフェにより爆撃機としても使用された。

総統大本営

ヴォルフスシャンツェ(狼の巣)
ポーランド(東プロイセン)のラシュテンブルクにある。
鉄条網と地雷原、機関銃座で守られた敷地内にコンクリート製の頑丈なブンカー(退避壕)や来客・守備隊の宿舎が点在し、専用の駅まで置かれた非常に広大な施設だった。
史実では戦争末期に放棄・爆破されたが、現在もブンカーの残骸が現存している。

「前年の春、西部戦線で英軍機の銃撃を受け」

実際にはシュタウフェンベルクが負傷したのは1943年、北アフリカ戦線でのことであった。
このことから、ヒトラー暗殺事件に関わる事柄が丸三年前倒しされていることがわかる

シュワーベンの由緒ある家

シュタウフェンベルク家は南ドイツでも最も古い家柄と栄誉を誇るカソリック貴族の家柄であり、クラウスの父は帝政時代ヴュルテンベルク王国宮廷の侍従長だった。
またその先祖には、対ナポレオン戦争でプロイセンを勝利に導いたグナイゼナウをはじめとする高名なプロイセンの軍人が何人もいた。
(帝政時代もドイツ帝国内にはヴュルテンベルク、バイエルンなどの諸国は存続しており、プロイセン国王がドイツ皇帝としてその上に君臨する形をとっていた)

クリスタルナハト

水晶の夜と呼ばれる事件。
1938年11月9日夜から10日未明にかけてナチス党員・突撃隊がドイツ全土のユダヤ人住宅、商店、シナゴーグなどを襲撃、放火した事件で、ユダヤ人に対してナチスが行った最初の組織的な迫害事件でもある。
なお、水晶の夜という名前の由来は、ナチス党員や突撃隊隊員たちが破壊したユダヤ人商店や住居のガラスが月明かりに照らされて水晶のようにキラキラきらめいていたことにあるといわれている。

ポーランド戦でのSS特別行動隊

ドイツ軍は侵攻時から民間人や避難民の行列を攻撃対象にするなど無差別攻撃を行った。
特に特別行動隊(アインザッツグルッペ)はポーランドのユダヤ人、軍人、旧貴族、官吏、教育者、聖職者などの知識階級や指導者達を集中的に逮捕・殺害し、その抵抗と再起を根絶しようとした。
約2万人のポーランド人の民間人が犠牲になったタンネンベルク作戦は、ドイツが行った最初の戦争犯罪の一つである。
ドイツ軍のポーランド侵攻の期間、民間人の総犠牲者数は、ポーランド人約15万人、ドイツ人(主にドイツ系ポーランド人)約5千人と推定されている。
(ドイツ系住民の殺害は開戦当初ドイツの侵攻に激高したポーランド人の襲撃によるものがほとんどで、このことは現在でもドイツとポーランド間の感情的なしこりとして残っている。)

フロム

フリードリヒ・フロム
国内予備軍司令官兼陸軍補充局長。
ヒトラー暗殺事件に連動した、国内予備軍を使った新国家樹立のための軍事クーデター計画、暗号名「ヴァルキューレ」発動に際し、ヒトラーの死亡が確認できないとして、計画発動に同意しなかった。
史実では暗殺事件失敗後シュタウフェンベルクらを逮捕・銃殺するが、その後反ヒトラー陰謀への関与が露見し、逮捕後裁判にかけられ1945年処刑されている。

兵務局長

ヴェルサイユ条約により参謀本部は存続を禁止されたため、兵務局として偽称して存続する。
1935年陸軍総司令部において参謀本部が復活するため、この時には存在していないはずだが?
資料によっては国防軍最高司令部「総務局」となっているので、おそらくは名称の誤り。

クヴィルンハイム

アルプレヒト・メルツ・フォン・クイルンハイム
ドイツ語ではクヴィルンハイムとも読む。
第二次大戦中のドイツ陸軍大佐。
ヒトラー暗殺計画を実行したシュタウフェンベルクから暗殺成功の連絡を受け、オルブリヒト将軍はクヴィルンハイムに「ワルキューレ作戦」発令のテレタイプ発信を命令する。
これを受けてパリでは予定通りに親衛隊幹部が拘束された。
しかし、ヒトラー暗殺計画は失敗し銃殺された。

ベントラー街

ベルリンにある陸軍最高司令部の所在地。
史実では司令部の中庭でシュタウフェンベルクらは銃殺された。
現在は暗殺事件を記念してシュタウフェンベルク街と改称されている。

ヴァルキューレ

ヴァルキューレ作戦
国内有事のために国内予備軍司令部が策定した鎮圧計画の暗号名称である。
詳しくは作中にて説明。

気温は25度

史実での暗殺計画では気温が高かったため、地下室で行われる予定の作戦会議は地上の会議室で行われた。
この予定外の変更が計画失敗の一つの原因となる。

カイテル

ヴィルヘルム・ボードヴィン・ヨハン・グスタフ・カイテル
総統の個人的な参謀部に当たる国防軍最高司令部総長。
史実では戦後、ニュルンベルク裁判にて戦犯として裁かれ、1946年10月16日絞首刑に処された。

秘書のリンゲ

ヒトラーのもっとも若い女性秘書だったトラウドル・ユンゲのこと。
ヒトラーの秘書兼侍従だったハインツ・リンゲと姓が混同されている。
ドラマではユンゲは爆発に巻き込まれて死亡しているが、史実では1945年のヒトラーの自殺以後も生き延びて戦後回顧録を執筆し、先年死去した。

針金の太さ

シュタウフェンベルクの使用した爆弾は起爆装置に接続された針金を酸で腐食させ、これが切れると爆発する仕掛けになっていた。
この針金の太さを変えることで起爆時間を調節できたが、ドラマで語られているように腐食速度は温度などの影響を受けるため起爆時間は不安定なものだった。

ホイジンガー

アドルフ・ホイジンガー
ドイツ陸軍中将(陸軍参謀本部作戦部長兼陸軍参謀本部諸部代理)
反ヒトラー派の一人だったがシュタウフェンベルクの暗殺計画には関与せず、その存在も知らなかった。
ドラマでは爆発に巻き込まれて死亡したようだが、史実では生き延びて戦後再建されたドイツ連邦軍の査察総監(統合参謀本部議長)やNATO軍軍事委員会議長などを務めている。

戦況会議室

最深部にあるとの説明から、史実とは違う部屋だろうか?

べトン

コンクリートのこと

「予備も一緒に」

史実では2つ用意した爆弾は一つしか仕掛けれなかった。

ハイレ大尉

カイテルの副官だが、資料によってはその名を「フライエント」としているものもある。

フォス少将

ハンス・エーリヒ・フォス海軍少将
海軍総司令部を代表する連絡将校として会議に出席。
史実では爆破を生き延びて終戦まで総統の身辺にあり、ヒトラーと、友人であったゲッベルスとその一家の自殺に立ち会っている。

「ブラント大佐が邪魔な鞄をテーブルの奥に足で押し込んだ」

史実では爆弾をセットしたアタッシュケースを邪魔だと陸軍参謀本部作戦課長の副官のブラント大佐が移動させた。
このために会議テーブルの分厚い木製脚部が遮蔽物となり、ヒトラーは爆風から守られ奇跡的に生き残った。
史実ではブラント大佐は爆発で両足を吹き飛ばされて死亡している。

「国防省内の国内軍の司令部へ事件発生の第一報が入った」

ここでヴァルキューレの発動に対して会話している二人はクヴィルンハイムとオルブリヒトである。

フェルギーベル

エーリヒ・フェルギーベル大将
国防軍最高司令部(OKW)通信総監。
シュタウフェンベルクら反ナチグループの一人であり、暗殺事件時には総統大本営からの通信を遮断する役割を負っていた。
史実では他の反ナチグループ参加者と同じく逮捕後裁判により1944年処刑されている。

パウル・フォン・ハーゼ

少将でベルリン防衛軍司令官
反ナチグループの一人で暗殺事件成功後ベルリンの主要施設占拠とナチス要人の逮捕を行うことになっていた。
史実では他のメンバー同様死刑となっている。

オルブリヒト

フリードリヒ・オルブリヒト
国内予備軍副司令官
ヒトラー暗殺事件での中心的な実行者。
「ヴァルキューレ」の発動を上官の国内予備軍司令官フロム上級大将に強要するが、その後、ヒトラー存命が確認されたことにより失敗に終わり、逮捕されてその日のうちに銃殺される。

ベック元帥

ルートヴィヒ・ベック
第二次大戦中のドイツ陸軍大将。
1938年まで陸軍参謀総長を勤めたが、ヒトラーの対外拡張政策に反対し辞任した。
史実では1944年7月20日のヒトラー暗殺計画の成功の暁には新生ドイツの国家元首に就任予定であった。
暗殺計画の失敗後、拳銃自殺を試みたが失敗し、最終的には監視兵に射殺された。
作中ではヒトラー暗殺直後に国家元首に就く。

フォン・ヴィッツレーベン

エルヴィン・フォン・ウィッツレーベン
第二次大戦中のドイツ陸軍元帥。
ヒトラー非難し、退役させられた。
ヒトラー暗殺計画に関与した罪で処刑される。
作中ではヒトラー暗殺後に国軍最高司令官に就く。

エーゼベック

ハンス・カール・フライヘア・フォン・エーゼベック大将
ウィーンの第17軍管区司令官代理
エーゼベックは史実では逮捕され強制収容所に送られたが、処刑を免れ戦後まで生き延びた。

フロムの逮捕

史実ではフロムがオルブリヒトやシュタウフェンベルクらを逮捕しており、ドラマでは立場が逆になっている。

フォン・クライスト中尉

エヴァルト・ハインリッヒ・フォン・クライスト=シュメンツィン
父のエヴァルトと共にシュタウフェンベルクの反ヒトラー派に参加。
史実では父親は処刑されたが、彼は過酷な投獄生活を生き延び現在も生存している。
(実際には1922年生まれの彼がこの時点で中尉なのはおかしい。ここは数年早く生まれていると解釈すべきだろうか)
なおクライスト一族は500年近い歴史を持つ名家で、ドイツ各地に傍系が存在し多くの高名な軍人や知識人を輩出している。
19世紀初めの著名な劇作家ハインリッヒ・フォン・クライストやフランス戦でグデーリアンの上官となったエヴァルト・フォン・クライスト大将もこの一族の出身である。



ヘルムート・ジェームス・フォン・モルトケ

反ナチグループのひとつであるクライザウ派(クライザウはモルトケ家の所領名)の創設者の一人。
普仏戦争を指導した大モルトケの甥の孫で、母親が英国系の南アフリカ人だったのでジェームスという英語のミドルネームがついている。
母親の影響でクリスチャンサイエンスを信仰していたため、ヒトラーを暗殺することには反対していた。
史実では暗殺事件の前に逮捕され、その後反ヒトラー派裁判で死刑宣告を受け45年に処刑された。
またモルトケとシュタウフェンベルクはいとこ同士だった。

考察

史実と違いヒトラーの暗殺に成功した理由はなんであったのか。
作中では暗殺に失敗した原因とされている気温による会議室の変更や、爆弾を一つしか仕掛けれなかったこと、爆弾をテーブルの奥に押し込まれたことなどが史実と相違をもって描かれる。
決定的になったのは、史実と異なり予備の爆弾を同時に使用したことであると思われる。
また史実と異なり地下で会議が行われたようなので、爆風が中にこもり殺傷効果を高めたと考えられる。

第4部に対する参考文献

『ヒトラー暗殺計画』 著者:小林 正文 出版:中央公論社
通史として俯瞰的に見たいなら、現状で最適と思われる入門書。
Amazon等で検索すると、中古本は結構ある。

追記:『中公新書』とは思われぬほど読みやすい。まるで小説のようである(褒め言葉)

『赤軍大粛清』 著者:ルドルフ・シュトレビンガー 出版:学研M文庫
さまざまな説が入り乱れるトハチェフスキー事件と赤軍の粛清について、その多くを論破しつつ事件の真相にせまっている。