※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 Kerberos Panzer Jäger

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 解説wiki

  • このwikiはラジオドラマ「ケルベロス 鋼鉄の猟犬」の解説サイトですが、管理人は大した知識もなく軍事に詳しいわけでもありません。ですのでwikiという誰でも参加できる形式を取りました。管理人の知識不足を補ってくれる方大募集です。間違ってる箇所に気づかれましたら訂正をお願いします。
  • 「ケルベロス 鋼鉄の猟犬」は軍事用語、人名などが多く使われ難解です。自分のように良くわからない人の理解の助けになることを運営方針とします。編集を手伝ってくださる方は、その点に意識した説明をお願いします。
  • 「自分で書くのはちょっと」って人は↓の方にある情報提供板にできればソース付きでお願いします。
  • 情報の正確さは保証できません。全てを鵜呑みにしないように。


当サイトの概要

  • このサイトは主に一度聞いたけどよくわからない、より深く知りたいという人を対象にしており、ネタバレに関してはあまり留意してません。
  • 各話別 解説 では、ドラマを聞きながら疑問点を解消することを目的としている為、話の中で使われた順番で並べられています。
    また以前の回で説明された単語も、ある程度繰り返し載せます。
  • ドラマ内で疑問に思ったことなどは、↓の掲示板等に質問して下さい。但し、正しい答えを返せると保証できるものではありません。
  • 他のケルベロスサーガとの関連情報などは管理人の手に余ります。できる人歓迎

作品

  • ケルベロスサーガ 鋼鉄の猟犬は、2006年4月26日から2007年3月29日まで文化放送(1134kHz)にて毎週木曜日深夜1時30分より放送されました。(本編全26話 インタビュー及び対談3回)
  • 2007年4月より全国34局ネットで放送が開始されました。放送局と放送日については公式サイトをご覧ください。
  • また雷電にてweb配信しています。毎週金曜更新。ラジオ放送よりも約一月遅れ。(視聴には指定プロバイダとの契約が必要)



原作・脚本・監督 押井守
音楽 川井憲次
音響監督 若林和弘
録音 宮澤二郎
効果 伊藤道広(サウンドリング)
音楽制作 安田玲子 仲野智子 奥澤麻由美 大久保絵美(AUBE Inc.)
音響制作担当 好永伸恵
音響制作 フォニシア
録音スタジオ 東京テレビセンター
スーパーバイザー 小泉聰
主題歌「Die Antwort」 作詞 Paolo Bozzola 作・編曲 川井憲次 Vocal 川辺茜


雑談・情報提供板

  • 連絡は kerberos-saga@hotmail.co.jp まで。メールでなくメッセンジャーで連絡を取って下さっても構いません。 -- (管理人) 2007-02-26 19:06:36
  • 久しぶりにやらかしました。今週分は録音ミスです。よろしくお願いします。 -- (管理人) 2007-03-02 20:51:45
  • 4月から代わりに管理してくれる人がいないようなので、とりあえず現在は私以外は更新できなくなっているメニューなどを、誰でも更新できるようにしておこうと思います。メーメル編からは有志の方による更新オンリーとなるかと。 -- (管理人) 2007-03-14 20:45:04
  • ケルベロススレに貼られていた三頭犬新聞の画像によれば3月29日のメーメル篇第2話で最終回。タイトルは「殲滅」とのことです。以上お知らせまで。 -- (名無しさん) 2007-03-16 16:55:55
  • 今月末で終了ですか。全36話とかって話もありましたし、打ち切りっぽい感じがしますね。とりあえずこのwikiを管理する必要がなくなったようで。あと何話か残ってますが、もう自分は消えちゃうので、手伝って頂いた方にこの場で感謝を申し上げます。 -- (管理人) 2007-03-17 14:43:12
  • 管理人様ご苦労様でした。お手を離れたということですが、今後もできるだけお手伝いさせていただきます。なお「撤退2」につき不完全ながら項目をいくつか記入させていただきました。未記入の分についてはできるだけ早く作成いたします。 -- (名無しさん) 2007-03-19 22:05:31
  • あと「撤退2」の冒頭の撮影機材に関する会話内容につき、詳しい方がいらっしゃいましたら補完をお願いします。 -- (名無しさん) 2007-03-19 22:07:18
  • 全国放送が終了しました。半年の間ここを使わせていただいて有難うございました。 -- (y) 2007-10-01 18:34:53
  • 今更ですが、そう思ってくれる人がいることで、このサイトを作った甲斐があったというものです。いくつか放置している項目がありますが、今後も資料として参考になったらいいなと思います。 -- (管理人) 2007-11-02 15:45:23
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る