片山晋呉vsDr.タイフーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スペック

ST機 7回転
確率 1/89.75
確変確率 1/8.975
賞球数 3&4&10
出球 2R(15%)or6R(80%)or15R(5%) 約0個or450個or1100個 (6Ror15R8カウント)
時短 6R後 23回  確変or時短中の2R&通常時の2Rの1/3&15R後 93回





基本的には赤マーカー(液晶左下のコース図の●と▼が重なった様なやつが赤になる)待ち。
赤マーカーが絡まないと擬似4でもあまり期待しない方がよい。
大当たり後のSTが7回と、2R、15Rの時短が93回が魅力的。
ステージ奥のチャッカーからの入賞と電チュー入賞は赤色保留、
通常のヘソチャッカーは青色保留の全8個保留。
通常時の赤色保留はショットリーチになるため、時間効率はそれほどよくない。
と言ってもそれほど悪いわけではない。
ちなみに小当たりがあり、青色保留のみ1/179で抽選され、特訓モードに入る。
通常時2R当たりの2/3も潜伏確変ST7回の特訓モードになるため、
セグは見ておいたほうがよい。

ST7回と言えど4回に1回は単発を覚悟しなくてはいけない。
平均レンチャン数は約3回。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。