「ミミズクと夜の王」紅玉いつき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さすが13回電撃大賞の受賞者。まぁまぁ面白かった。
奇をてらわないのは文章だけじゃなくてストーリーも。
正統派といえば正統派。コテコテなんだけど、それでも読ませる。
悪いところをあげると、ミミズクの性格に一貫性がない。
言葉を知ったあとだからってあそこまで喋り方が変わるのには違和感を感じる。
良いところでもあるんだけど、ご都合主義。
妥当な話ばかりだから、面白みに欠けると言えなくもない。
誰も言わないだろうけど。
各段落ごとの最後の一言を詩的にしようとし過ぎてちょっと物語の中で浮いている。
これは俺も注意。
これを読んで思うのは、大事なのは圧倒的なキャラクタの魅力と、
それを際立たせるエピソードだってこと。
読んでて面白いなら良いと思う。エンターテインメントだし。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。