「約束いんぽっしぶる」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

文章は上手くないんだけど、
繰り返しをくどく感じさせない程度のバランス感覚はある。
内容は稚拙で、
「子供の頃の約束」「特殊能力」「パンツ」「なんか偉そうな人」
といった感じ。
形容の表現もいまいち。
それでも何となく読んでいたいと思わせるものはある。
続巻が出ることを意識した作りで、俺の立場にはちょっと参考にならない。
キャラクターは妙に冷静で知らないはずのことまで知っている。
一人称なのだが、少しだけ作者視点が混ざってしまっている。
これは純粋に減点。
パロディもスネークやらなんやらちょっと中途半端。
五年前に出たと言われたら納得が行くような作り。
でも本当は二年前。ちょっと古臭い感じのする小説。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。