街-南方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミランの村

GF(グリーンフォレスト)からケルミスティにいく途中の分かれ道を行くとある、村。
月見草の群生地があり、それを加工したものを主な村の収入源としている。村には宿屋兼酒場が一軒ある。「飛月の魚亭」(ひげつのさかなてい)がその一軒。初老の夫婦とその娘夫婦が営む店だ。名物料理は「川魚の香草焼き」で、秘伝の調味料が絶妙な旨味を出している。隠れた美食としてその筋の間では囁かれているとか。
GFからは片道3~4日程度。ケルミスティへの道途中の分かれ道を進み、森を抜けると村が見えてくる。

→ミラスティ洞窟



ケルミスティ

グリーンフォレストから徒歩で南に一週間の位置にある小さな街「ケルミスティ」
古くから良質で豊富な種類の薬草が取れる群生地として重宝されてきた。
街を見渡せる丘の上には古城があり、その城の塔にある最上階は展望台としても有名である。
薬草の名産地のためか、他の街では珍しい「薬師」のギルドがある。



港町エラス

グリーンフォレストの東南を馬で15日ほど、ホブスウェイの海岸を通り越してしばらくしたところにある大きな港町。
漁業よりも商人による交易が盛んなため、町の店頭には異文化の香りがするものも多数並ぶ。
週末の朝には大通りに市がたちにぎわう。
町はずれにある大きな造船所は活気に溢れ、観光名所にもなっている。