エフェクト画像を撮る


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここの項目ではFF11に出てくる魔法やウェポんスキんルなどのエフェクトの撮り方を説明していくらしい(リアル話)
まずエフェクトを撮るために必要なものを挙げていく

・FF11本体

これが無い製作者に未来はにい

・AltanaView

撮影したいエフェクトはこれで表示する事になる

・アマレココ

これを使ってエフェクトをキャプチャしていく
俺が思うにこれ以外の撮影ソフトでもエフェクトを撮る方法は稀によくあるが
この項目ではアマレココを使った撮影方法について説明する

・TMPGEnc

キャプチャした動画を連番BMPに変換するのに使う
有料版と無料体験版があるが無料の方でいいと言われたらしい(謙虚)


・アマレココのインストールと設定

まずアマレココの公式HPに行きカカッと本体(最新版3.01)とAMV3ビデオコーデックを落とす
アマレココとAMV3ビデオコーデックをイんストールし、readmeに従いコーデックのレジストキーを入力しロゴ挿入を解除する

次にアマレココを起動しルーキーモんドを解除する(ファイル→ルーキーモードのチェックを外す)
解除したら設定画面を開きメニューの左下にある「大きい画面設定」を開く
ビデオ圧縮の項目のAMV3ビデオコーデックにチェックを入れその横にある設定を開く
圧縮設定がS0~S4まであると思うのでS1を選んでOK→大きい画面設定に戻る

中央右あたりにあるタイムスタンプのチェックを外す


・AltanaViewの設定

次にAltanaViewを設定しエフェクトを撮るための準備をする
まずエフェクトの邪魔にならないよう透明なPCを作らなければならない

・csvファイルの設定

AltanaViewフォルダを開きList→PC→HumeMと移動する
フォルダ内にある各csvファイルを開いて一番下に以下の記述を足す

Body.csv
157/40, (なし)

Hands.csv
157/42, (なし)

Legs.csv
157/44, (なし)

Feet.csv
157/43, (なし)

・AltanaViewの起動と準備

AltanaViewを起動し先ほどcsvに追加したパーツを使って透明PCを作る
種族をヒューム♂、フェイスをフォモル - 2にする
頭は装備なし、手足脚胴を追加した(なし)にすると透明なヒューム♂が出来上がる
次に撮影したいエフェクトを選んで撮りたい大きさに合わせていつでも再生できるようにしておく
これでAltanaViewの準備は完了

・撮影範囲の設定

アマレココの大きな画面設定に戻り
ウインドウ指定リストから(AltanaView)AltanaView.exeを選ぶ(リストに無かったら更新を押すと最強に見える)
次に子ウインドウ指定リストから一番したにある何も書いてない項目を選ぶ(たぶんリセットの下)
この時範囲表示を押して青い枠がAltanaViewのエフェクト表示枠内に収まっていればOK
取り込み範囲に設定を押す
取り込み範囲の所に幅、高さ等が設定されているはずなので幅、高さ共に設定値から10ほど引く
そのまま撮ると枠が微妙に入ってしまうのでここで少し引いておくと綺麗に枠内撮影できる
左にあるフレームレートを設定し適用したら撮影準備完了
フレームレートは最大60で高いほど滑らかにキャプチャできる

・エフェクト撮影

アマレココは撮影範囲内にあるものは全て撮ってしまうのAltanaView上には何も被らないようにしておく
スタートもしくはホットキーで設定した撮影スタートキーを押して撮影開始
すぐにAltanaViewで撮影したいエフェクトを再生し、再生が終わったら撮影ストップ
動画保存フォルダにある動画見てちゃんと撮影できてるか確認

・連番BMP変換

TMPGEncを起動する、プロジェクトウィザードはキャンセルしてメイン画面へ
映像ソースを選び先ほどキャプチャした動画を選ぶ
次に左上のファイルからファイルに出力→連番BMPを選ぶ
保存するフォルダを指定し保存を決定
すると撮影した動画から全ての画像がBMPに変換される
あとはこれを256色に減色、パレット統一などすると素材として使う準備が出来る



以上が筆者が考えたエフェクト撮影、素材変換方法である
しかしこれはあくまで一例なので他にいい方法があればやりやすい方法でやるとよい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。