SFFのパレットを統一する


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パレット統一はどうすればいいのか

※自分のやり方は、SAEを使っていることを前提にします。
方法を教えてくださったリューサンありがとうございます。キャー
それと、バックアッポは必ずとっておいてください。


パレットの元になる画像を作る

前準備として、キャラのパレットの元を作ります。
ここで作ったパレットが、統一された後の色になるので注意。
どうやって作るのかというと、 ペイントを開いてキャラの色々な画像をコピペ。以上。

やり方はいたって簡単ですが、そのコピペする画像に注意してください。
注意するといっても そのキャラの色が全て含まれるようにする これだけです。
ちなみに、エフェクトのみの画像の色はいれなくても大丈夫です

※どういう事かというと
例えば、青い剣と赤い剣を持ちかえるキャラがいたとします。
この場合、青い剣を持っている画像のみをコピペしてパレットを作ってしまうと
パレットに赤い色がない! という事態になってしまうのです。
これだと統一した場合に赤色がでず、なんかよくわからん色になったり。
これを利用して、簡単に白黒のキャラを作ったりもできるワケですが。

そしてその画像ができましたら、いつもどおり256色にしてPCXファイルにしちゃってください。


整理

次に、 SAEを起動して、統一したいキャラのSFFを指定 してください。
開きましたね、ここで一息つきましょう。もれなく 明日から本気出す がついてきます。

そうしたら、キャラのスプライトを整理してください。


キャラの画像

エフェクト画像


このようにまとめてください。


統一する

ついにこの時がやってきました。
とりあえず説明しやすいように、先ほど作った元になるパレットを含んだ画像を Ω(オメガ) としましょう。

まず、スプライトの並びを↓のようにします。


大ポートレイト(キャラ選択の時カーソルを合わせた場合出る画像)

Ω(オメガ)

小ポートレイト(主にキャラの顔部分が使われている画像。ライフバーにあるやつですね)

キャラ画像

エフェクト画像



そうしたら、 Ω(オメガ)と小ポートレイト・キャラ画像の全てを選択してください。
このとき、エフェクト画像はチェックしないこと。
その後、 右クリック→拡張→パレットを統一 を選びます。
これでOK! 念のため、数枚 パレットがキチンと統一されたかを確認しておきましょう。

そして伝説へ・・・

統一が終わったら、後処理をしましょう。
色化けを避けるために0,0番にスプライトをおかなかった人はもう大丈夫です。安心してください。

それから、0,0番と小ポートレイトの パレット統一 のチェックは外してください。
そして、いつもの並びに戻すだけ。これでOKです

そしてもう一つ作業があります。
それは パレットファイルを作る ことです。
Ω(オメガ)を右クリックして、 ファイルへ→Act を選んでください。
これでパレットファイルの完成です。
あとはこのパレットをキャラのDefに登録すればOK!
こうなったらもうΩ(オメガ)は排除してしまって構いません。


いかがだったでしょうか。醜い・・・いや見にくい文章で申し訳ありませんでした。
もしこの方法でできなかった! という方がいたら、下のコメ欄にでもお願いします。
2ヶ月前くらいの記憶なので・・・



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。