スローモーション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スローモーションはどんな場面に使われているか

代表的なのは、ドラゴンクロウの超必殺技ですね。
あの演出に痺れて「俺もあんなの作ってみてえ」と思う方もいるでしょう。

自分が作ったキャラにもスローモーションは結構使われています。
アヤメさんの花車や、ヴぁーんの踊り全般です。
では、どういった記述をすればいいのでしょうか。

[State 1000, 1]
type = Pause
trigger1 = Time < 60
trigger1 = time > 1
trigger1 = GameTime % 3 = 0
time = 1

これは Timeが1以上60以下の時
且つゲームタイムが3で割れる状態の場合に 1フレームPauseをかける、という事になります。
よって、まあいつもより遅く見えると。

この記述より遅くしたい場合は
  • trigger1 = GameTime % 3 = 0 の[3]を更に小さい数字にする
  • time = 1 の数字をより大きくする
の二通りがあります。 早くしたい場合は逆の事をすればOKです。


蛇足(?)ですが、スローモーションをさせる場合は
背景などを白くぼんやりさせると雰囲気が出ますので、是非あわせて使ってはいかがでしょう。


↓なにか物申したい時にどうぞ。
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。