※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リーマン博士の大予想

 本

 

 


リー マン博士の大予想―数学の未解決最難問に挑む
[原書名:Dr.Rieman's Zero : The Search for the $1 Million Solution to the Greatest Problem in Mathematics〈Sabbagh, Karl〉]
ISBN:9784314009737 (431400973X)
410p 19cm(B6)
紀 伊国屋書店(2004-12-07出版)

サバー,カール【著】〈Sabbagh,Karl〉黒川 信重【監修】南条 郁子【訳】
[B6 判] NDC分類:413.5販売価:,625(税込)(本体価:,500)

在庫が僅少です。品切れの場合お取り寄せとなります。

「フェルマーの最終定理」を超える、100万ドルの懸賞金つき超難問とは?150年も解けない証明に挑む数学者たちの肉声に迫る。
素になるもの
「どえらいしろもの」
古くて新しい数
インディアン・サマー
「十中八九」
消えていった証明
ビーベルバッハ予想
零点を求めて
プリンストンのお茶の時間
駆り立てられた男
数学の物理学
AIMの目的
「簡単なことじゃない」
予想線を進め
抽象のよろこび
発見か、発明か?
「要 するに何なんです?」
100万ドルの懸賞付き超難問とは?

1900年にヒルベルトの「23の難問」にも上げられ、2000年の世界数学者会議で100万ドルの懸賞がつけられた難問、「リーマン予想」とは? 150年間も未解決の、この超難問に挑戦する現役科学者たちの生き様と肉声に迫る。
数学上の最難問をめぐる科学史上のドラマと、難問の壁に挑むことで進歩してきた数学の不思議な世界を生き生きと描く。
  
添付ファイル