※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

柑橘果皮班

柑橘果皮班について

メンバー数:2名 (3年:2名)枯葉含め3名(3年:3名)
設立年度:2007年?
班長:井上 智(3年)
活動日時:水曜除く平日4日
入班条件:一生懸命な人


柑橘果皮班の研究紹介

柑橘果皮班は現在、枯葉班と研究内容を併合するべく調整中です。
主な内容としては、
  • 恒温振とう器を用いたバッチ式吸着
  • カラム式吸着
の2種類で重金属の吸着実験をしています。
今後は工業化が容易なカラム式がメインになると思います。



柑橘果皮班の特徴

ソックスレー抽出器を利用したペクチンの抽出や、カラムによる吸着実験など様々な実験ができます。
また、溶液の作成や希釈などの基本的な技術も身に付きます。
難しい作業は一切ありませんが、正確性を要求することがあるので、メリハリのある人に向いています。


柑橘果皮班の由来

最初の名前は「みかん班」しかし、グレープフルーツやデコポンなど、かんきつ類全般を扱うようになったので、今の名前に改名しました。


班長からのメッセージ

  • 専門知識がなくても入れます。
  • 興味のある人は気軽に声をかけてください。
ちなみに生物の授業は得意なので、分らないところがある人は気軽に質問してください。


.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|