※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

重金属班

重金属班の基本情報

メンバー数:(2年:4名 1年:2名)
設立年度:2007年度
班長:2年1組 包原 烈
活動日時:月、火、木、金
入班条件:土壌の浄化に興味・意欲がある人、迅速な行動ができる人


重金属班の研究紹介

重金属班では植物の環境浄化能力を利用した重金属の吸収・回収実験を行っています。
複数の植物に様々な重金属溶液を与え、どの植物がどの重金属をどの程度吸収できるのか、
またある植物が重金属を吸収した場合、その植物から吸収した重金属を回収できるのかを調べています。

また、他にも柑橘類やお茶ガラ、アルギン酸などを使って重金属などの有害物質を除去する研究を行う予定です。

2008年4月より事実上柑橘果皮班(仮)と合併しました。


重金属班の特徴

この班では重金属溶液の希釈などの実験技術や植物、重金属などに関する知識を必要とします。
また実験内容に関する調べ物や植物の日々の観察などの継続的な作業も行います。
他にも活動にあたり、これからは幅広い事を行っていく予定なのでさまざまな知識が身につくと思います。
実験などに関しては基礎からやっていくので基本的な知識・技術を着実に身につけたい人に向いています。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|