※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「結婚式か……」
 宝生は苦笑いだった。こんなにも早く、周りの人間が結婚していくとは。
 宝生も、後六年で三十路。いい加減、そういう関係の人間だっていて良いはず……だが、いないものはいない。
 そして、問題なのはこの女、村井、雪那。
 ひどくニヤニヤしている
 ひどく、ニヤニヤしている
「あ、やっほー」
(こっち向いて手、ふってんじゃねえよ。アタシが恥ずかしいだろうが)
 と、宝生は小さく呟いた
 キャラが、違いすぎる。氷の女王は今やただのにやついた主婦とかした。
「……」
 そして、隣を見ると、目障りなくらいいちゃついている菊田夫妻。来週は、こいつ等の結婚式にも行かないと行けない。
「……」
 ため息をすることも忘れ、椅子の上であぐらを掻き、その上に頬杖をつく、と言う奇怪なポーズをしながら、幸せそうな村井……もとい、テーリッツを見た。
 幸せなら、良いんだけどさ
「関係者からの挨拶、関係者代表、宝生旬香様!」
 いきなり自分の名前がマイク越しに聞こえてくるので、さっき口に含んだ林檎ジュースが口から飛び出して綺麗なアーチを描き、飛んでいった。
(何も考えてねえよ)
 と、ブツブツ言いながら、どう、嘘をぶちかましてやろうかと考えていると、雪那と目があった。
 ……
「えー、どうも、初めまして。宝生旬香です。チャピオンです関係者代表の挨拶、と言うことで、えー、まず、最初に言いたいことは、雪那さん、もといユッキーが、非常にニヤニヤしていて、気持ちが悪い、と言うことでしょうか。」
 会場の失笑
「彼女は、学校では氷の美少女、だとか、氷の女王、とか、村井家の女王様、だとか言われていた彼女が、こんなにもニヤニヤしているので、もう一度言いますが、気持ち悪いです。のろけにのろけて……おばさんみたいになりやがって! 何でも、子供も授かっているそうじゃないですか……のろけやがって!」
「ピャー」
 そういって、白髪のおじいさんが倒れた。
「まあ、わたしが言えることは、マキータさんがロリコン、だと言うことと……」
「……二人が幸せであるように、これだけです」
 決まった。
 次のスピーチで、幸太朗おじさんが、ひどいスピーチをした後、一区切り、となった。
「……ひどいスピーチだったな」
 菊田が言った。
「膝の上でアイアネスさん寝かせてる、あんたに言われたらショック死するだろうよ」
 菊田はふ、っと笑った
「お前らしくないな、どうかしたのか?」
「なんでもないよ、ちょっと、いろいろあったのさ」
「はは、チャンピオンでも、悩み事はあるんだな。国家予算並みに稼いでるくせに」
「……ヘッ。あんたに言われたくはないね」
「不景気なのさ。」
「……五億の黒字だって?よく言えるね。」
 菊田は膝の上で寝ているアイネアスを起こした。
「じゃあな。あと……」
「早く結婚しろよ」
「うるせえッ!」
 リンゴジュースシャワーを浴びた菊田はとぼとぼ帰っていった。
 ……あんな奴らの結婚式も行かないと行けないのか……
 気が、重かった