※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ああ、神よ。
 宝生は呟いた。その理由は、先ほど送られてきた、メールにあった。それは、菊田と村井からだった。
「結婚します」と、村井からのメールには、そう簡潔に書かれていて。菊田からのメールには、「あ、そうそう、結婚するよ」と、書かれていた。
 その意味を考えるのに一時間、その意味が分かり、悶えるのが一時間。え?もしかしてドッキリ?と周りにカメラとかがない事を確認するのに一時間。合計で三時間もの時間を失い、メールを返信した。
「まじで?」それ以外に、言葉は要らないと思う。格好いい意味ではなくて。
 すぐに返事は帰ってきた。
「うん、そうだよ。子供の名前は、秋那にしようと思ってるんだ。あ、名字はテーリッツに変わるよん」
 ……性格、変わってないか?のろけか?え?のろけなのか?
 延々と巡る「自分だけ取り残されている」感。
「……式は、いつだろうか。連絡が、来るのかな?」
 と、呟いた。
 ……ふっ
 くーる。あくまで、クール。冷静に

「人さらい?ふふ、人聞きが悪いね、君は。」
 彼女は微笑んだ。毒のあるほほえみ、久世はどきっとした
「ソースケ、このあんまんは、ベルカナ。」
「ベルカナ?」
「そう。」
 久世はベルカナ、と呼ばれた女性の方を見た。
「なんだい?人間。そんなに、僕が気になるのかな?ふふふ」
 きもちわるい。久世は何の反応も示さず、家の置くに進んだ。自分は関係ない、と密かにささやいた。
「彼が、そうすけくんか。」
 創甫が去った後に、ベルカナはくすり、とわらった。
「どうしたの? ベルカナ」
 ウィアドは麻袋の中に入った、まだ息のある子供を出しながら言った。
「彼女が、倒れていた子供なんだ。」
 ベルカナは言った。
「オシラ、どう思う?」
 ウルズがきくと、オシラはうつむいて、答えた。
「たぶん、何も食べてないからだと思います」
「ふうん」
 ウルズは力無く答えると、汚れた少女の顔を、見つめた。
 久世は、半田付けを終え、家に誰が居るかどうかも忘れ、敷いたままの布団の中に倒れ込んだ。
 泥のような臭いを感じ、伏せた目を開けた。ギロリと光る赤い目があった。
 どき、っとして布団の中から飛び退くと、それはゆっくり起きあがった。銀色に輝く髪。真紅の瞳はしっかり、久世を見つめていた。