※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鼻歌を歌いながら、宝生はアパートへ向かっていた。ついに、世界級チャンピオンちょろいものだ
 ウキウキでドアを開けると、クラッカーがなった。
「オメデトォオオゥウ」
 髪の毛を黒く染めたルミナスが言った。
「ありがとう」
 宝生は笑顔で言った。そして、ルミナスに抱きついた
 抱きついたまま、ルミナスを持ち上げ、部屋の中へと入っていく。居間のテーブルには、沢山の料理がおかれていた。
「おーろーせよー」
 手をジタバタさせるルミナスを椅子の上に置き、席に着いた。
 肉汁溢れる……肉。ぐふふふふふ。ルミナスと宝生は気味の悪い笑みを浮かべた。
「おかえり」
 エプロン姿のスーが両手に新たな料理を手にしている
「キャアアアアア」
 次々に増える料理を目にし、ルミナスは今に踊り出しそうなほどだった。
「さ、めしあがれ」

 菊田重工で書類を紙飛行機にして遊んでいた菊田は、菊谷が入ってきた途端、さも書類を読んでいるふりをした。
「バレバレですよ、社長」
 菊田は答えず、また紙飛行機を折りだした。飛ばした飛行機は菊谷が拾い、元に戻してまた束にしていく。菊田が飛行機にして、菊谷が元に戻す、一種の流れ作業だった。
「て、いうかさ、菊ちゃん」
 変なあだ名で呼ばれ、菊谷はどきっとした。
「秘書の山谷君は?」
 菊谷は、またどきっとした。
「か、彼は……」
「何?」
「そんなに俺の秘書が良いの?」
 菊谷は何も言えなくなり、菊田は頭を掻いた。
「まあ、とりあえず、李を呼んできて」
「……わかりました」
 菊田は、にやりと笑った。あの菊谷とかいうやつ、仕事はできるが、なんか、面白い物を感じる。まあそうでなかったら、俺の側にはおかん。

「プレゼント!フオオオゥユウウウウウゥゥウゥゥゥゥ」
 ルミナスは、スーと宝生に一枚のチケットを配った
「これは?」
 スーが聞いた。
「リ・ビットのチケットさ、シュンちゃん好きだろ?」
「オーゥイエース!」
 宝生は小躍りした。
「それ、明日の奴だから、三人でゴー、な?」
「いいよな?スー」
 スーは頷いた
 次の日の夕方、三人はアパートを出た。ライブ会場の看板には、「ゼップ コウキョウ」とある。間違いない
 コンサートはすぐ始まった。
「マイ・ロック・フォーユー!」
 離戸田が叫んだ。歓声が沸く。ギターとドラム、ベースが演奏し出す
 こんな日が、つづけばいいのに宝生は、呟いた