※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「親機は、どれだ?」
 とスーが言った。
 一体だけ、偉そうに座っているやつがいる。
「……あれか?」
 と、一行が向かおうとした所を、何かが阻んだ。
 一匹の犬のようなアームヘッドである。
「ヘル、頼んだ。」
 と、スーが言うと、ヘルは犬のような物と、にらみ合った。
 一行がその偉そうな奴に近づいた瞬間、周りをファントムが囲んだ。
「……」
 凄い数だ。
「わたしが、残る。その隙に行くんだ。」
 スーが、きっぱりと言った。
「さあ、行け。」
 レーザーのライフルを背中になおし、トンファーを取り出した。
「いけ!」
 ただならぬものを感じて、宝生はそこから離脱した。
 ずっと進んだところに、一体の巨大なアームヘッドがあり、その後に一体の黒いアームヘッドがあった。
「……菊田?」
 そんな気がした。何故だ?
 巨大なアームヘッドはオーディンを睨んだ。
「ここは通らせる物か、赤き賢者よ」
 その瞬間、何かが光り、赤い光が飛んできたところで、オーディンはそれを避ける。
「……行くしかない。母体を……」
「母体?母体はここにはおらん。残念だったな」
 宝生がまた探しに行こうとすると、
「しかし、折角来た客は、もてなさねばならん。そうだろう?」
 巨大な手が動いた。
 またぎりぎりのところで避けると、目の前に赤いアームヘッドがあった。
「……リアルメシア……」
 宝生はそれを睨んだ。
「……旬香、後の黒いアームヘッドは、あなたがとめなさい。」
「……なんだって?」
「わたしがこのデカ物をくい止めるから、早く、あなたはユミルの元に。」
 宝生は、言われたまま、奥にいる黒いアームヘッドを見つめた。
「やあ、宝生」
 その黒いアームヘッドは言った。
「……」
「久しぶりだな、菊田だよ」
「……」
 さっき感じた感覚は、間違いではなかった。これは、間違いなく菊田だったのだ。
「お前は、だれだ!」
 宝生は、そう、叫んだ。
「俺は、きくだ・ごんざえもんだよ、忘れたのか?全く、薄情な奴だよ……」
「お前は、誰だ、と言っているんだ」
 また、自分の名前を答えるアームヘッドは、本当に菊田のように見えた。
「お前は、薄汚れたただのアームヘッドだ。」
 オーディンは、グングニルを構えた。
「……そうか、いいだろう。裏切るのなら、しょうがない。そういえば、俺はお前のせいで死んだんだもんな……復讐だ……」

「くそ!犬やろう!」
 木戸は叫ぶが、攻撃はびくともしない。
「ちくしょぉおおお!」
 叫んでも叫んでも、虚しさだけが響いていくようだった。
 その瞬間、一つの黒い粒が、フェンリルに当たっていった。
「やっぱり、普通のレーヴァテインじゃ、装甲がとけるだけか。」
 その声の主は、青年のようだった。
「だいじょうぶかね、我が旗の下に集まった、同志Cよ。わたしは菊田。一旦、ここはわたしに任せろ」
 菊田は、手に灼熱の赤い剣を持ち、さらにもう一本、赤い剣を取りだした。これもまた、赤い灼熱の剣だ。
 その2本の剣で攻撃するが、ダメージは与えられそうもない。
「ち、これでダメなら……」
 菊田は2本の剣をフェンリルに投げつけた。これは流石に効いたらしく、フェンリルがギロリと菊田を見つめた。
「こいよ、犬ちゃん」
 菊田のアームヘッドの腰にある鞘が割れ、白い気体を噴出させた。それは、巨大な刀だった。
 フェンリルが飛び込み、菊田が刀を振るうと、フェンリルの頭に斬激が走った