※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お疲れさまでした」
 菊谷がそういうと、武藏は答えず手だけを挙げた。
 部屋には言左右衛門の写真が一枚だけ立てかけてあった。
「お前の仇は……必ず……」
 武藏は部屋から出ると、車に乗り、まっすぐ北の方に向かった。それを、誰か黒色のものがついていった。
 車から降りると、武藏はボタンのようなものを押した。そして、後を振り向いた。
 そこにいたのは一人の男だった。黒いコートを羽織ったそいつは黄色いお面を付けていた。
「懐かしくないかな?このお面。」
「月の形をしたお面なんかしらんね。」
「……率直に言うぜ、ベイビー‘ルーンズ’は何処だ?」
「彼女らを何に使うつもりだ?」
 そいつは一本の瓶を手渡した。
 ひんやりする、つめたいペットボトルだ。
「まあ、飲みながら話そうぜ。父上殿」
「炭酸は嫌いなんだ。」
 武藏がそういうと、そいつはけらけらと笑った。
「そうか。ビールの方がよかったか?」
「……早く用件を言えよ。月光仮面」
「いいね。それ。けど、俺の今の名前はそんな名前じゃない。そうだな、ミスタールーンって呼んでくれると幸いだな」
「それで、用件は何だ?」
 ミスタールーンはペットボトルを開け、それを飲んだ。
「簡単なことだよ。ルーンズは何処だ?それだけで良い」
「……彼女らは誰の言うことも聞かない。ウインドを砕くために存在する我が娘達だ。」
「愛されてるねえ。お父様。」
 武藏はペットボトルを開けた。
「そういう風に呼ぶのはやめろ。俺にも昔、そんな風に呼ぶファントムがいたよ」
 ミスタールーンの目つきが変わった。
「今はファントムをり力で押さえつける部隊を作ってるじゃねえか。」
「お前等がヘヴンに近づかなければ良いだけじゃないのか?そうだろ? ――」
「――ラグナロク」
 ミスタールーンはまたけらけらと笑う。
「ばれていたのか?」
「まだヘヴンを諦めていないのか?ユグドラシル」
 ミスタールーンはペットボトルを地面に叩きつけた。ペットボトルは破裂し、その周りに液体が飛び散った。
「俺を、その名で呼ぶな!ムサァシ!」
「一つ言っておこう、ウインドやルーンズを利用するのはやめておけ。彼女ら、そして彼は貴様のような者に従いはしない。じゃじゃ馬だが……みんな自分のプライドを持っている。お前のような支配欲に目がくらんだ奴に屈服はしないだろう。いや……逆に結束するかもしれん。」
「……そうなるといいな。武藏」
「そうなるよ。ラグナロク」