文学シリーズ~舞姫~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

文学シリーズ~舞姫~

文学シリーズの第2弾は森鴎外の舞姫。
舞-HIMEではないので注意。囲碁ヴの帰り道において非オタのK先輩が「舞姫」と発言した際、とろ先輩が「Kさんが目覚めたかと思った」と発言した逸話はあまりに有名。
で、本題だが舞姫の改造文を私は残念ながら覚えていない><;(てか無かった気が……)
が、代わりにこうすると面白く読める!というコツは姫彦によってすでに確立されているので紹介。
てか、もうあんま覚えてない…orz
私の記憶がなくなる前に出来る限り思い出をWikiに閉じ込めなければ!!

ということで一部加筆しますた。私自身よく覚えておりません

~太田豊太郎~
本作の主人公。もし彼が女の子だったらすごい悶えた
東大卒業後、ドイツに留学。
ひたすら勉学に勤しむ日々を過ごしていた。
しかし、大学の自由な風に触れることによって、
いつの日からか自分の今までの人生に嫌気がさす。

~エリス~
本作のメインヒロイン。教会にて健気に泣いていた少女。
可憐で清楚な乙女、といった感じの女の子だが、
実際には全て計算された行動w

~相沢謙吉~
本作のサブヒロイン。実は女だが美男の方がうれしい方も多いと思う。類い稀なるツンデレの才を発揮し、豊太郎とエリス仲を嫉妬する。
「べ、別に私は豊太郎のことなんか気にしてないんだから!!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。