ラビアレ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラビアレ

ラビ×アレンのこと。綾音の大好物。

ラビは『兎』と表されることが多い。理由はその名前や、実際に一度神田を怖がっている時にウサミミが生えていたこともあり、
完全に定着している。
ちなみにアレンについては犬派と猫派に分かれるが綾音は犬のほうを推奨したい。理由は書き出すと止まらないのであえて省かせていただく。


●基本のラビアレ
基本のラビアレはお兄さんで構いたがりなラビと、甘えるのに不器用なアレンと言う構成だが、アレンは所謂『白アレン』と『黒アレン』というものがあり、この場合は『白アレン』に分類される。
『黒アレン』の場合、ラビよりアレンのほうが立場が強く、一枚も二枚もアレンのほうが上手である。『黒アレン』は原作でポーカーでイカサマをしているアレンにラビが言った台詞であり、ある意味オフィシャルである。ラビは所謂ヘタレキャラのため、大体アレンには尻にしかれたりする。勿論これはラビアレ信者視点だが。
しかし、ラビにブックマンJr.という立場上、教団を裏切る可能性が見え隠れしているが、アレンとの間で揺れていればいいじゃない!というのが編集者の言い分である。


●オフィシャル
オフィシャル設定で萌えポイントが多いCPでもあり、今までに
  • 一緒にお風呂(黒の教団は大浴場がある)
  • コミックス7巻でラビとアレンで読者からの質問に答えた。
  • シュークリームの食べかけ交換。
  • アレンの部屋にコップ2つ、みたらし団子(アレン好物)がのっていたと思われる皿たくさんと『ぽてち』(ラビ好物)が置いてあった事からラビがアレンの部屋を訪れていたと思われる。おまけに枕が2つ。
  • アレンが殺された時(ちゃんと生き返ったが)ラビは甲板で一人、スペースのカード眺めていた。
  • ラビ、アレンを失って落ち込むリナリーに怒鳴って説得するが、自身の目にも涙が。
  • 79夜、ラビVSティキの時、ラビはティキがアレンを殺したノアだと言う事に気付き、我を失ったようにキレる。
  • 倒れそうになったアレンを何気なく支えるラビ。
  • ロードのアレンへのキスにヒロインのリナリー(一応)より過剰反応するラビ。
  • 『でも気持ちよかっただろ、アレン』(←名言)
他、アニメになると「ラビがアレンをおんぶした」「ラビの『雪山で遭難したら裸で温め合うしかない』という問題発言」「手を繋いで逃げる」など多彩。同じコマにいる事も多く、たまに同人誌との見分けがつかなくなる。


●パラレルについて
D.Gray manはダークファンタジーで、「キャラクターが学校に通っている」のも立派なパラレルである。

学園パラレルの他に、D.Gray manの特徴的なパラレル設定として、エクソシストの『ノア化』が上げられる。
『ノア』はストーリー上の敵であり、ノア化パラレルとは基本的に「ノアの力に目覚め、教団を裏切る」「片方が元々ノアで敵同士」「両方ノア」に分類される。
ノア化パラレルの場合大抵がシリアスであり、所謂裏要素も増える傾向にある。
ラビの出生には謎が多い事や、アレンは父親によって呪われている事からか、この2人のノア化は多いが、神田やリナリーのノア化は少ない。しかし、ラビアレの2人ほどではないが確かに存在はする。
ノア化の表記として『ノアラビ』と『ノアレン』(『ノアレ』と略される事が多い)が一般的である。
(例:ラビ×ノアレン→ラビノアレ)





他、思いついたら更新。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。