黄色さんとプロテイン反応


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黄色さんとプロテイン反応

化学Ⅱのたんぱく質の分野でらいと氏が編み出した究極(?)の暗記法。
αグルコースに濃硫酸とアンモニアを加えて穏やかに加熱した時に黄色になる反応で、本来の名称は「キサントプロテイン反応」なのだが、TH2の黄色と韻を踏んで色気を取ると本来の姿に戻る。
さあ、君もプロテインを飲んでたくましくなった黄色を思い浮かべよう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。