古手 梨花


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古手 梨花(ふるで りか) 声:田村ゆかり

圭一の下級生で沙都子と同学年。「暇潰し編」のヒロインにして「皆殺し編」の中心人物その2。古手神社の一人娘で、雛見沢村御三家「古手家」の最後の1人。毎年6月に行われる「綿流し」では巫女役を務める。年齢不相応な冷静さと神秘性を兼ね備えた少女で、村中の人間から可愛がられている。
子猫のような愛くるしさで周囲をいつも和ませているのだが、その振る舞いはなかなか狡猾で猫というよりは狸。人の不幸や失敗が大好きで、そんな人を見つけては頭を撫でて慰めてあげることに無上の喜びを感じている。第一人称が「ボク」であり、口数は少ないが「~なのです」「み~」「にぱ~☆」「ファイト、お~」等の口癖を持ち、不思議な存在感をかもし出している。
神社の集会所の裏手にある倉庫小屋にて、親友の沙都子と二人暮らしをしており、外出先でも一緒にいることが多い。年少ながら家事全般が得意で、特に料理のレパートリーは豊富。
ウィキペディアより引用
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。