アレン・ウォーカー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アレン・ウォーカー(Allen Walker)(声:小林沙苗)
黒の教団エクソシスト。クロス護衛部隊所属。
英国人。推定15歳。身長168cm。体重58kg。
Dグレの主人公。クロス元帥の弟子。身体的な特徴は白髪(以前は茶髪であった)と左目上の逆★(ペンタクル)。目の色は銀灰色(正式に決まるまでは作者と担当の気まぐれで赤や青と変化していた)。誕生日は不明で正確な年齢は本人も知らない。細い外見とは裏腹にかなりの大食い(寄生型の適合者であるため)。可愛らしい外見と紳士的で優しい性格からか、女性読者からの人気が高い。生まれつき左腕がイノセンスに寄生され奇怪であった為、親に捨てられた所をマナ・ウォーカーに拾われ育てられた(拾われた日は12月25日のクリスマス)。マナの職業は旅芸人であったため、食べていくために色々な芸を教え込まれた。マナの死後、千年伯爵に唆され、マナをAKUMAにしてしまう。その際に左目に傷を受けた(『呪い』を掛けられてしまった)。この時初めて左腕が発動し、アレンの意思に関係なくマナを破壊した。その後ショックのためか髪が白くなった。その後放心状態であったところをクロスに助けられ、以後3年間、彼の下で修行を積む。クロスの事はエクソシストとして、自分の道を示してくれた恩人として尊敬しているが人間としては鬱陶しがっている模様。修行時代からクロスに何でもかんでも都合の悪いもの(特に借金)を押し付けられていた過去を持つ。その修行時代でのトラウマから、酒が苦手。クロスに押し付けられた借金と、当座の生活費を博打等(イカサマ有り)で稼いでいた。その為、賭け事になると普段の優しげな面影は消え、目は勝利への貪欲に満ち腹黒くなる(この時のアレンは「黒アレン」とラビに恐れられ呼ばれている)。感情が高ぶったり本気で怒る(キレる)と敬語を使わなくなる。巻き戻しの街での襲撃の際、ロードに左目を潰されてしまったが『呪い』の影響で再生。再生してからはマナの『呪い』がより強くなった(同時にペンタクルの色もAKUMAの様に濃くなっている)。それ以来、自我を持ったかのように左目そのものがアレンをアクマの元へと行かせるように時々疼いている。

ウィキペディアより
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。