忍跡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

忍跡

忍足×跡部のこと。
勿論跡部×忍足の「跡忍」もあるが、こちらには手をつけられない。

忍足と言えば「氷帝(ウチ)の天才」である。勿論発言者は我らが女王、跡部様である。
”忍跡”的設定でいけば、彼は京都or大阪出身(京都推奨/どこかにあるぽんず氏のブログにて自宅を公開中)で、怪しげな音楽教師・榊太郎(43)に引き抜かれ、氷帝学園中等部に編入。跡部と人気を二分する存在となる。
これはほぼ、パラレルを抜かし公式設定とよんでいい。恐ろしいほどに浸透しすぎた非公式設定だ。
それと並ぶ非公式設定としては、「忍足侑士独り暮らし説」が上げられる。また以前ならば「跡部を呼ぶときは”景ちゃん”」もあったのだが、OVAにて公式化された。
また、忍足は女タラシ・浮気性というのもよくある暗黙の了解だ。それに「趣味:ラブロマンス(公式)」なのでやたらロマンチストで気障な台詞をよく吐く。「一般の中学生としてはソチラの経験は多い方だが、初恋は跡部説」もある。しかし跡部の初恋は一年の時のテニス部部長がいいと編集者は願っている。

さて、跡部だが忍足から言わせれば「氷帝(ウチ)の部長」である。つまりお互いがお互いの所有物である、と公式に発言したのだ。
こちらはあまり”忍跡”的設定というのは存在しないと言っていい。ただし、「俺様」「乙部」「アホ部」が存在する。
「俺様」は字の如く何様俺様跡部様な跡部である。ジャンプ本誌によく見かけられ、格好よさを重視した跡部だ。
「乙部」は非公式にしか存在せず、言動が乙女のような跡部である。携帯サイトに多くみられる。
「アホ部」はアホな跡部、アニメ・ギャグによく見られる。
兎に角突飛よしもないことが大好きで、私服は恐ろしいほどにハイセンスだ。そして、手塚のことが大好きである。愛する手塚のためなら、悪役に回ることを厭わず(公式)、彼が怪我をしそうになれば自ら助けに行く(公式)というラブっぷりを見せ付けてくれる。
ちなみに、現在確認されている”非公式・跡部様が人間外パラレル”では吸血鬼、幽霊、天使、悪魔、人形、人魚、豹、兎、猫、犬、狐、ライオン。”非公式・跡部様の職業”では社長、テニスプレーヤー、歌手、検事、弁護士、(家庭)教師、医師、主夫、男娼、園児、小学生、高校生、大学生、バーテン、飼い主、ペット、ウェイター、魔法使い、国王、皇女、侍、大佐、メイド、盗賊、サンタ、女性、と数えだしたら切りがない。緑の弟がいる赤い服の髭オヤジよりも、経験した職業は多いだろう。
忍跡的設定かどうかは不明だが、「英国系クオーター・ハーフ説」がある。勿論これは”日本人には見られない蜂蜜色の猫っ毛と冬の空色の瞳、真珠色の肌”という跡部の容姿に由来し、大抵の場合は母が英国人またはハーフで、祖父母は英国住んでいる。また古城を所有している、という説もある。
跡部の他の共通設定といえば「神の愛子」だと言える。ノンケでもソチラに持っていく力、道を歩けば半数の人が振り返る絶対的な美貌、200人を束ねる圧倒的なカリスマ性を持っている。


ここでやっと”忍跡”の本題にはいる。

忍跡の基本はエロスだ。氷帝内で唯一と言ってもいい”大人っぽい二人”なので自然とそういった方向に流れるのかもしれない。

忍跡を細分化すれば以下の通り(と、編集者は考える)

(編集者が忍跡の中でも跡部信者なので、跡部グラフ/「俺様」「乙部」に関しては上記の跡部の項を参照。「苦」はシリアスと同意)


        ↑俺様
   ■     │■
苦■    │■
─────┼────→
        │    甘
  ■■    │
      乙部│



忍跡は大まかにこの「俺様・苦」「俺様・甘」「乙部・苦」「乙部・甘」の4つのタイプに分類される。

左上「俺様・苦」は基本的に格好いい忍足×格好いい跡部である。攻×攻とも言っていい。忍跡ではよくあるパターンである”セフレ→付き合う”もここが多い。シリアス、と言っても甘すぎないというだけである。またここにある■は”大人ゾーン”である。そこには外車がよく似合う、酒を飲んでも飲まれない大人なっぽい跡部(忍足)が存在する。

右上「俺様・甘」はヘタレ忍足×俺様跡部である。忍跡では一番ポピュラーで中学生らしいかもしれない。ここではシリアス、ギャグ、甘々等なんでもありである。ここの■は”ツンデレゾーン”であり、普段はツンツンしているがいざ忍足に甘えられると弱い、という性質を持つ跡部が見られる。またここの特徴はギャグ有なので、コスプレやらおもちゃやらがついてくる場合もある。

右下「乙部・甘」は跡部に甘い忍足×乙部である。全体的にほのぼのしており、砂を吐きそうな程に甘い場合が多々ある。見ているこちらが恥ずかしくなってしまう。

左下「乙部・苦」は鬼畜忍足×乙部である場合が多い。と、言うのもここが一番曖昧で、少数派に近い領域であることに由来する。「乙部・甘」のシリアス的話もここに分類され、左の乙部で依存度が高い場合もここに分類されやすい。”痛い”と称されるのはここが多い。
ここの■は”精神弱い系”で、忍足の隣にいられるならなんでもする、隣にいなければ死んでしまいそう、という精神的に弱い跡部がよく見られる。


また、呼び方一つでも忍跡には傾向がある。
「俺様・苦」では「忍足・跡部」で、どことなくCOOLな彼らが垣間見える。
「俺様・甘」では「忍足・景ちゃん」で、やはりポピュラーな呼び方である。
「乙部・甘」では「侑士・景吾」で、名前呼びなだけあり甘い。
「乙部。苦」では「侑士・跡部or景吾」で、鬼畜か否かによって変わってくる。



ちにみに、このグラフの正式な使い方は忍跡の傾向を分類するものだが、好きなサイトを示す場合にも使われる。
個人的な分類だが、商業活動している(た)忍跡作家(だった)方では、今は銀○、BL読みきりを書いていたあの方は「俺様・苦」、5年前に大家族で皆美形、男はみんなアッチという漫画を出し、この前脱税したあの方は「乙部・甘」、確か声優の話でドラマCDも出し、オタリといえばなあの方は「俺様・甘」、平凡な佐藤君を書いている、必死な忍足が印象に残るあの方は「俺様・甘(ツンデレ)」といった風だ。



公式な忍跡については、また後日。



その昔、私たちは今はなきイトーヨーカドーの前で「この学校、俺が完全に支配した」と跡部様調に生徒会に入る事を決めた。
しかし蓋を開ければ現在は、A会長(おしい)に会長職を持っていかれてしまった。だがこの会長のスペックがまた凄い。身長175cm、体重62kg、流暢に英語を話し、帰国子女、中学時代はテニス部、現(パソコン部)部長で、生徒会長。なんだか愛しのあの子を思い出す。




と、熱くでも極力冷静に忍跡を語ってみた訳ですが、如何でしょう?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。