紫乃宮まゐ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


BS12-月の咆哮
BS11-灼熱の太陽
BSC05-太陽のブレイヴパック
BS09-超星
BS08-戦嵐
紅蓮の稲妻


備考/エピソード

  • 登場回:第一話~
  • しのみやまい/ヴィオレ魔ゐ/元紫の戦士(紫のコアの光主)
  ブレイヴのメインヒロインでネットアイドルカードバトラーだったが、異界王事件から2年後に既にブログを閉鎖してしまい、名前も本名に戻した。グラン・ロロでの日々に充実感を覚えていた故、異界王事件後に喪失感を覚えていた。2年前から髪を伸ばし続け、腰付近に届くほどのロングヘアーになり、生身での戦闘力は健在である。
  魔光殿での混乱を沈静化させるため決別したバローネと共に行動することを選び、彼の右腕となりながら名前もかつての『ヴィオレ魔ゐ』に戻り、世界各地で反乱をおこしている魔族を裁くため、かつて彼女と共にグラン・ロロを旅してきたセルジュの面影を感じされるメムノンの部下ガスパールと共に世界に出る。
  そして弾が自ら危険を伴うのを止めるべく弾にバトルを挑むも敗北し、ダンへの思いを伝えた後再び紫乃宮まゐに戻った。
  カードバトラーとしての実力は前作より大幅にアップしており、前作より使っていた紫に加え、赤を使用するようになった。
  『格の違いってこういうことを言うのよ。』

  ジークヴルム・ノヴァ転召用。

  ブレイヴキラーが使用していた紫のXレア。弾に敗れた後、彼女のもとに渡っていた。ビックバンエナジーの効果でノーコストで呼び出されたりするなど使い方は獄将デュックよりも上回る。

  かつてダンが手にした最終切り札カード。このカードはイギリスのバトスピ博物館にダンが異界王を倒したデッキが残っており、そこから入手し彼女オリジナルデッキを完成させたことが判明した。そのためダークヴルム・ノヴァ同様デッキに1枚しか入っていない。その能力も圧倒的であり、ビッグバンエナジーとの併用でダークヴルム・ノヴァと共に相手を完膚なきまでにたたきのめしている。

  彼女が使っているデッキにヴルムが何種類も入っているので効果は絶大である。

戦績

  • 通算戦績:2勝1敗
  • ブレイヴ第三十九話:対セレウコス○
  • ブレイヴ第四十話:対ベネルド○
  • ブレイヴ第四十七話~第四十八話:対馬神弾×