ソーサラーのルガイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


BS10-八星龍降臨
BS09-超星
BS08-戦嵐
BS07-天醒
BS06-爆神  
  • BS06-051:C:グレムリー 2枚使用
  • BS06-103:U:キャバルリー 不使用/カノン・アームズの効果で使用を封じられたため。
BS05-皇騎
BS02-激翔
紅蓮の稲妻
轟天のヘヴンズドア


備考/エピソード

  • 登場:ブレイヴ第二話~
  • 初戦:第十三話
  • 暴将の息子/そーさらーのるがいん
  アジアを領土としている暴将デュックの息子であり、『マジック使いのルガイン』の名称を持つ。
  父のデュックを心から尊敬している。打倒弾を求めている。
  バローネが弾に勝ったことで、彼を拘束しなかった態度に不満を持ち、
  また三国同盟に介入する態度が全くないと感じ自らをかけてバローネと対決するも、
  バローネのストライク・ジークヴルムとブレイヴにより実力を思い知らされ、さらにデッキの特徴も見破られたため敗れた。
  その後彼に話をしたかった弾とバトルして触れ合い、キャンサードを使用するも敗北した。
  そして女王に進呈されたキャンサードを弾に譲渡した。
  『無念です、親父殿。馬神弾なる人間自分が倒します。』
  『分かりません・・・親父殿も・・・バローネ殿も。』

  女王より進呈された十二宮Xレアであり、父デュックの仇のカード。
  しかし、デュック同様効果が発揮できずに終わった。
  バトル後このカードは弾の手に渡った。

  低コストばかりのデッキのキースピリット。
  ウィングブーツグレムリーのコンボで勝負をつけようとするものの、サイレントロックで止められ、
  自身はフェニック・キャノンとブレイヴしたストライク・ジークヴルムとのバトルに倒された。

  劇中では破壊されるころは描かれていないが、皮肉にもこのスピリットの破壊時効果が、ソフィア破壊へとつながってしまった。

 モブアタッカー。ソフィア以外すべて低コストしか入っていないというバローネの予想が具現化され、デッキの特徴も見破られた上、活躍の場すらなかった。 

 強力なマジック。


戦績

    • 通算戦績:0勝2敗 
    • 第十三話:対月光のバローネ×
    • 第十八話:対馬神弾×