※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男「ふぅ今日もやっと授業が終わった」

ガラガラッ

子分「おい!このクラスに男ってやつはいるか!出て来い!」
男友「おい男…お前なんかやったのかよ、それともあんな不良の友達いたか?」
男「な、なんなんだ…男はおれだけど…」
子分「てめーが男かちょっとツラかせや!」

男(おれが何をしたっていうんだ…最悪だ…)

子分「番長さん!男をつれてきましたぜ!」

男(番長か…怖ぇ人なんだろうな…もうおれの学校生活終わった)

番「あ、男さんどうも…番長です」

男(え?これが番長?可愛い女の子じゃないか)

番「えっと…その、私と一緒に帰ってくれませんか?」
男「へ?今なんて?」
子分「番長さんが一緒に帰ってくれるっつってんだよ!まさか断ろうってんじゃねぇな!」
男「いえいえ!とんでもない一緒に帰らせてもらいます!」
女「ほんと!?ありがとう、嬉しいっ♪」






~朝~

ピンポーンピンポーン

子分「こらぁ男ぉ!出てこいやぁぁ!

男「え?なんだ?あいつこの前のやつじゃないか」

男の母「あんたなにしたの!?あんな怖い人達とつるんで」

男「いやー…とりあえずいってきます」

番「あっ…おはようございます…、学校までご一緒してもいいですか?」

子分「断ったらどうなるかはわかってんよな?男?」

男「いいですよ、一緒に行きましょう」

男(うわー今日も電車混んでるなぁぁ)

番「男さん?立っててもつかれるんで座りません?」

男「座るっていっても、こんな満員じゃ席ないんじゃ…?」

番「そこの人達、ちょっとここ座ってもいいですか…?」

一般人「ひぃぃいぃ!どうぞどうぞ今すぐどきますんで!」

男「えぇぇ、いったいなんなんだ?この子は」







子分「男ぉぉぉ!番長さんが来たぞ!」

番「あの…お弁当つくってきたんですけど、食べてくれませんか?」

男「あ、いや今日はちょっと学食を食べようかと」

番「ウッ…ヒグッ…グスッ…ごめ…んなさい、余計なおせっかい…でしたね」

子分「てんめぇぇぇぇえぇ!番長さん泣かしてんじゃねぇぞブルァァァァ!!!」

男「あぁぁぁ!!そうだった財布忘れて今日なんも食えないんだった!!助かるよありがとう!」

番「本当ですか?よかった~」

子分1「くそーなんで番長さんはあんな男を気にかけるんだ」

子分2「おれも番長さんの弁当食いてぇよぉぉ」








番「男さん、今日も一緒に帰りましょっ」
男「いいけど、今日は子分の人達いないんだね」
番「うん…今日は他校と戦争してくるらしいんですよ…」

~帰り道~

不良1「あれ?アイツVIP高校の番長じゃねぇか?」
不良2「ホントだ!今は子分達も弱そうな男一人しかいねぇぞ、今ならやれんじゃねぇか?」
男(うわっやばい!あいつらここらへんじゃ有名な不良じゃねぇか)
不良「番長さんよぉ~運が悪かったな、女の子一人じゃさすがにおれらには勝てねぇよな」
男(うわ~絡まれたよ、逃げなきゃ!)
番「あ…今あなたたちと戦うきはないんですけど…やらなきゃだめですか?」
不良「ふざけたこといってんじぇねぇ殺すぞ!」
番「男さん、ちょっと待っててくださいね」
男「へ?」

ボコッ!ドカッ!グシャ!

番「フフフフ!その程度で私に挑もうとしてたの!?チンケね!」
不良「なんだこいつ強ぇぇぇ!」

バキッ!ドゴッ!

番「男さん終わりましたよ、帰りましょっ♪」
男(まじかっ!強っ、性格変わってるし!これは怒らせたらまずそうだな)







不良1~20「ぶっ殺してやらぁ!」
不良A~Z「かかってこいやぁ!」

不良20「グハッ…!」
不良H「お前が番長だな。今日からこの一帯は俺たちのナワバリだ」
不良20「お…俺は番長なんかじゃねえ」
不良H「何?じゃあどいつだ、あそこで倒れてるヤツか?」
不良20「ヘッ…テメェ、番長のことしらねぇんだな…ガクッ」

番「このクレープおいしー♪」
男「気に入ってもらえてよかった」







不良1「おい、アイツがそうだ…」
不良2「よし、いくぞ」
男「あー今日も一日終わった早く家帰ってゆっくりしよう」

ドゴッ!!

不良「悪いな、お前に恨みはないがVIP高校の番長をおびきだす人質になってもらうぜ」
男(ううっ…誰か、助けて)
不良「おっまんまと番長が一人できたぜ」
番「おっおとこさんは…どこですか?」
不良「ここで眠ってるぜ、お前が大人しく殴られるなら返してやってもいいけどな」
番「お…お前らふざけんな!全員ぶっ殺してやる!!!」

ドガッドガッバキッボゴッ

男「いててて、ここは?」
番「男さん!…ごめんなさい…ごめんなさいあなたを巻き込んじゃって」
男「あぁそっかおれ人質としてつれてこられたんだっけ」
番「もう…私と関わらないほうがいいです、また同じようなことが起きますから…」
男「ううん、別にいつも通りでいいよ、中々最近の生活もスリルがあって気に入ってるんだ」
番「………ありがとう…グスッ…グスッ」





古文「暇ッすねー」
番長「面白いことないかなー」
古文「パチでも行きます?」
番長「パチ?」
古文「パチンコ」
番長「やだ、古文くんのエッチ!(ぽすん)」
古文「小学生っすか」