※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集 Top > gmirror
何かR7から変わったっぽい
# sysctl kern.geom.debugflags=17
# gmirror label -vb round-robin gm0 /dev/ad5
# gmirror load
# echo 'geom_mirror_load="YES"' >> /boot/loader.conf
# vi /etc/fstab
# reboot
# gmirror insert gm0 /dev/ad6
# gmirror status
# gmirror forget gm0
# gmirror insert gm0 /dev/ad6

gmirror(CDよりfixitモードで行う)
# chroot /dist
# mount_devfs davfs /dev
データドライブの場合ここから
# gmirror load -v
# gmirror label -vb round-robin gm0 /dev/ad4 (元ドライブ)
# gmirror insert -v gm0 /dev/ad5 (先ドライブ)
# gmirror statusで確認
ここまで
# mount /dev/mirror/gm0s1a /mnt
# ee /mnt/boot/loader.conf
geom_mirror_load="YES"
# ee /mnt/etc/fstab
/dev/mirror/gm0s1a
# reboot
gm0s1aがない時は/boot/loader.confと/etc/fstabに書く
rebuildは基本的に自動。壊れたのはずし再起動、新しいのつけて再起動
# gmirror statusで確認
自動でいかないときは
# gmirror insert -v gm0 /dev/ad4
# gmirror statusで確認
解除(CDよりfixitモードで行う)
# chroot /dist
# mount_devfs devfs /dev
# gmirror load -v
# mount /dev/mirror/gm0s1a /mnt
/mnt/boot/loader.confと/mnt/etc/fstabを元に戻す
# unmount /mnt
# gmirror stop gm0
# gmirror clear ad4
# gmirror clear ad5
# gmirror remove gm0 ad4
# gmirror remove gm0 ad5
# dd if=/dev/zero of=/dev/ad4 bs=1
消すのはstopとclear。
removeとclearの違い
clearはディスクのメタデータを削除するのみ
removeはgm0からRAIDを解除してメタデータも削除する
clearしてrebuildするとミラーは復活(多分w未検証ですw)
removeしちゃうとinsertしないと戻らない。(おそらく)