※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集 Top > sshd
sshd 鍵認証
remote#はリモートされる側での設定
local#はリモートする側の設定

local# ssh-keygen -t rsa
local# scp ~/.ssh/id_rsaa.pub user@remort.host:
local# ssh user@remort.host:
remote# mkdir .ssh
remote# cat ~/id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys
remote# rm ~/id_rsa.pub
remote# chmod 600 .ssh/authorized_keys
remote# chmod 700 .ssh

key関係はownerがログインするユーザである必要がある
他で作成した鍵をputtyで操作するには
puttygen.exe
load id_rsa
save private key

ChallengeResponseAuthentication no
をノーで

最後に鍵の説明を
id_rsa   rsaを使用した秘密鍵(ローカル側で使用)
id_rsa.pub rsaを使用した公開鍵(使用しない)
authorized_keys 公開鍵をssh用に名称変更(リモート側で使用)
公開鍵をサーバに配置し秘密鍵がないと使用できないようにする