※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歯みがき談義


「突然スが跳月せんせ、朝の歯磨きっていつもどのタイミングでしてます?」
「ほんと突然だね…僕はいつも食後にしてるけど」
「あ、やっぱりスか?」
「まー、歯磨きは食後が常識でしょう」
「…実はそれ、世間で間違って捉えられてる常識の一つなんスよ?」
「え、そうなんですか?」
「本当は朝起きてすぐの方がいいんス。夜寝てから朝起きるまでの口の中って乾いてるッスよね?あの状態が唾液もなくて菌にはとてもウハウハな環境なんスよ。
だから朝起きる頃なんかはそれがピークに達して、とっても汚いんス。…信じられるッスか?その時の菌の量が、排泄物10gと同じくらいっつー調査結果もあるんスよ!
10gっスよ、10g!そん時の自分の口ん中、マジカオスっスよ!そんな状態のままで朝食を食べている人がいると思うとっ!!…」
「白倉先生落ち着いてくださいっ!……でも、それを聞くと毎日歯を磨かずにはいられなくなりますね…」

「…ちなみに、食後の歯磨きはしなくとも唾液の作用で案外キレイなんだぞ。だから毎日起きた時と寝る前に磨いておけば大丈夫だ。」

「あれ、白先生?どうしたんですかこんな所へ?」
「いや、ちょっと因幡を探しててな…。ここに来てないか?」
「いえ、見てないっスけど」
「そうか…邪魔したな(…因幡の奴め、どこへ逃げた?)」

コッコッコッ…

「…あ、そろそろ次の授業の用意しないとマズイっス!…」
「あれ?えーと、確か次のクラスは教室で授業でしたっけ?…」

バタバタバタ…


ガタッ

「ふぅ、見つからずにすんだ~…たくっ、白三十路もしつこぎるっての!……でもさっきの話、知らなかったなー、明日から起きたらすぐに磨こっと。」


「って、ヤバ!?委員長が遅れちゃ洒落にならないよ~!!」

タッタッタッタッ…

-終-