※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

続・穴があったら


「そういや親父、保証書は…あれ?」
さっきまでそこにいたはずの親父の姿がない。大した用事ではないのだが、何か気になって俺は腰を上げた。
靴はあるから外に出たわけではない。家中を探してみたのだが、親父の姿は見えない。
他に探してないのはさっきまでいた段ボールの部屋だけだが…

ドアを少し開けると、そこに親父はいた。こちらには気付いていない。
何をしているかといえば、見ている。椅子に前のめりに座って、段ボールの中をじっと見つめている。それだけ。
おい親父、と声をかけようとして……やめた。

親父は基本的にいつも同じような仏頂面。しかし微妙な機微はある。…あと尻尾もあるし。
俺とて付き合いは長いのだ。義母さん程ではないが、ある程度の感情は掴める。で、今の親父。

こんなに幸せそうな親父を見たのは久し振りだ。
見つめる段ボールの中身を、心の底から愛しく思っている、そんな様子だった。

音を立てないように、俺はドアを閉めた。

義母さんはそそっかしい部分もあるが、どこまでも優しく、しっかりもので美人。
普通はとっつきにくいだろう親父のサポートを完璧にこなしている。親父は幸せ者だ。
一方で、親父。生み出す小説は確かに素晴らしく、多くのファンを魅了するのもわかる。
だが、一緒に暮らしている親父は不精者で、コミュニケーション能力はほぼ皆無。
半分引きこもりのような生活をしながら、家事もろくにこなせない。
言ってしまえば、割と駄目な大人の部類に入るんじゃないだろうか。

でも。それでも。
義母さんもまた、幸せなんだと思う。あの親父に、こんなにも大切に思われているんだから。
親父の不器用な愛情を、義母さんは敏感に感じとっているんだろう。

俺もいつか結婚して、家族を持つんだろう。
そのときは、あの両親のように。いつまでもあんな風にありたいと、俺は思うのだ。

一瞬、誰かの顔が浮かんで…俺は苦笑した。


クシュッ

段ボールで眠る妻の、小さなくしゃみ。
健太郎は慌てて立ち上がる。何かないか、おろおろと周囲を見回す。
ここにはないと判断しドアを開けると、目の前の廊下に畳んだ毛布が置いてあった。
起こさないよう慎重に、ふわりと毛布をかける。静かに寝息を立てる妻を見て、健太郎はホッと息を吐いた。

しかし何故あんなところに毛布が?
健太郎はひとり、無言で首を傾げるのだった。