※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケモノ学校:学外関係者一同






教師




学外関係者一同


杉本 ミナ

父親と共にバイク屋で働く猫人の女性。サン・スーシと大学の同級生で、バイク関連の係わりもある。
基本的には明るくさっぱりとした大人の女性だが、少女らしい一面も持つ。
本人にそのつもりはないが、ヒカルやタスクを惑わす大人のお姉さんでもある。
サンに密かに想いを寄せている。しかし、そのことにサン本人は全く気付いていないようだ。

浅川・シュルヒャー・トランジット

写真家にして旅人の猫人の男性。カギ尻尾とげっ歯類に齧られて千切れた右耳が特徴。
司書の織田と顔なじみで、世界中を巡って手に入れた本を図書室に寄贈している。
幼い頃、妹を事故で亡くした過去を持ち、その関係で人物写真を撮りたがらない。
偶然出会った杉本ミナに一目惚れして告白し、玉砕。しかし諦めていないポジティブな男。

ルル

20歳の人間の女性。旧名ルル・セトクレアセア。
元、財閥のお嬢様だが、両親の遺産に群がる親戚に嫌気がさして家出し、帆崎の元に居候する。
数か月の同棲生活の末、遂にゴールインし、現在は帆崎ルルとなっている。
強気な性格で、家事全般をそつなくこなすしっかりもの。

御堂 健太郎(みどう けんたろう)

小説家の狼人の男性。PNは池上 祐一。代表作は推理小説『片耳のジョン』シリーズ。ダンディ。
物静かな上に感情も余り表に出さない為、大人しい印象に見られがちだが、怒らせるとかなり恐い。
卓とは義理の父親の関係で、何かとやんちゃな血の繋がらない息子の様子を暖かく見守っている。
ただ時折、卓か過去に起こした事件を面白おかしく書いて作品に載せる事もあり、卓を困らせている。
尚、かなりの不精者らしく、その事で妻の利枝から度々注意されている姿を見られる。

御堂 利枝(としえ)

黒豹人の女性。元は小説家である謙太郎の編集担当であり、現在は謙太郎の妻。
黒豹特有の精悍な見た目とは裏腹に、性格はかなりおしとやかで、かつ、かなりそそっかしい。
義理の息子である卓の事を深く愛しているのだが、たまにそれが暴走する事もあり、卓を困らせている。
かつて学生時代に英先生とクラスメイトだった事もあるようだ。

狐利山 香苗(こりやま かなえ)

狐人の女性。スィーツショップ『連峰』の店長兼パティシエ。
海外でパティシエ修行してきたその腕から作り出されるスイーツは絶品で、それを求めに遠い所から訪れる客も多い。
かつて伝説的なフードファイターによって非業の死を遂げた父を持ち、その為、大食いに対して凄まじい執念を燃やす。
しかし、その執念の結晶である『連峰』名物スイーツマウンテンDXを朱美にものの三十分足らずで完食され、
以来、朱美(と、その母親)を激しくライバル視している。

金森 未井(かなもり みい)

羊人の女性。スィーツショップ『連峰』のウェイトレス。メイド服を着ているが決してメイドではない。
おっとりとした口調と落ちついた物腰から、のんびりとした性格に思われがちではあるが、
実際はしっかり者であり、時折、店長の香苗や同僚の真央に対して鋭い突っ込みを入れる事もある。
角につけたリボンがチャームポイント。

美弥家 真央(みやけ まお)

猫人の女性。スィーツショップ『連峰』のウェイトレス。だから間違ってメイドさんと呼ばない様に。
彼女は自分の事をしっかり者と思っているが、実際はかなりのドジッ子気質で、よく何も無い所で転ぶ姿が見られる。
両親は共に遠い外国に出張中の為、妹の加奈とは二人暮しで、常日頃から姉としてしっかりとしなければと想っている。
だが、その実際は自身のドジッ子気質の所為で想いが空回りする事も多く、妹の加奈から呆れられることもしばしば。

松来 金治(まつこい きんじ)


佳望街の国道沿いにあるジャンク屋の店主をしているブチハイエナの男性、年齢は60代半ば。
性格は豪放その物。しかし少々守銭奴な所もあるが、気に入った相手にはその限りではない。
秘密の仕入れルートがあるらしく、時折何処から仕入れて来たのかも分からないレアな商品を取り扱っている事もある。
しかし当然、出所不明である以上は品質は保証されてはおらず、買って直ぐに壊れた、なんて事も良くある話である。
だが、それでもその商品目当てに訪れる客も多く(惣一もその一人)、彼らから親しみを込めてマッコイじいさんと呼ばれている。
金さえあれば大型タンカーでさえ引き取ってくるぞと言うのは彼の弁。……本当に出来るか如何かは不明だが。
因みに、彼の家系は商売上手が多いらしく、長男の松来 浩一は大型建設機械を取り扱う会社の社長をしており。
孫娘の松来 美紀は様々な物を取り扱う雑貨屋を営んでいる。
元ネタはエリア88のマッコイじいさん。