※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フリードリヒのしょうたい


「八木教頭♪」
「気味が悪いですぞ」

立派な皮のソファにどしりと腰を下ろすとかすかに埃が舞った。
分厚い資料を丁寧に開き、校長は上機嫌に語り始めた。

「みたまえ、この学力テストの結果を!」
「校長が試験を受けたワケじゃないのにやけに嬉しそうですな」
「他校と比べても恥ずかしくない結果じゃあないか、絶好調絶校長!」
「そりゃ、名門私立としては悪い学力偏差を出すわけにはいかんでしょう」
「正直、足を引っ張ってる生徒もちらほらいるわけで、今回のテストは心配だったのよ」
「んー、私としては、もうちょい伸びてほしいところではあるんですがな……」
「八木ちゃん、どうにかしてよ。頭悪いのはみんな顔が怖くて注意したくないのよ」
「どうにもならん奴はどうにもならんですな。 下を引き上げることより上を伸ばす授業を、と考えております」
「それでいいよ」

八木教頭は老眼鏡を掛けなおし、学力テストの順位を一つずつ追っていった。

「犬上、蜂須賀、柊と……上位に食い込むのはやっぱりいつもの面子」
「あー、頭良い奴も顔が怖いのねー」
「そういう問題ですか」
「9割ってすごくね?」
「彼らにしちゃ、ちょっと下がってますね。 それほど難度の高い問題だとは思わなかったんですが」
「きびしっ!」
「順位は下がり気味にもかかわらず……なぜ」

教頭はペラペラと順位を遡っていく。
ほぼ満点の点数の中から「佳望学園」の名前を探す。
校長はすでに紙面ではなく教頭を見つめていた。

「……誰だ? 校長、これは、どなたかご存知ですか?」
「横文字ぃ? だれだっけか、こんな人生徒にいたかな?」
「500点満点。 これはなかなか期待できるんですが」
「フリードリヒ?」
「誰ですか? 私は存じ上げませんよ」
「だ、誰?」
「私の記憶に無いってことは、てっきり校長が裏口入学させた生徒なのかと」
「ないない、そんなのないよ」
「気味が悪いですね」
「転校生かなー? いないよねー? 新入生にも、フリードリヒって……」
「ミスプリントですかね、ちょっと電話で確認してきます」
「あいよ、よろしく八木ちゃん」

八木教頭は足早に校長室を出て行った。
扉が閉まったとき、埃が少し舞った。

「掃除しなきゃ……」