※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

静粛に!


それは、図書委員恒例の読書会で起こった。

「はぁ、いいなー。羨ましい。」

読書会の最中、羽場は盛大な溜め息を吐きながら、羨ましげに独り言を呟き始めた。
折角静かに本を読んでいるのに、それを邪魔されてしまった残りの二人は、冷ややかな視線を浴びせる。
しかし、羽場は本の世界に入り浸ってしまっているのか、彼らの視線には気付いてはいなかった。
和賀は、思わず立ち上がり、噛み付く体勢に入りかかったが、何とかそれを押さえ、注意を呼びかける事にした。

「羽場、うるさいぞ。」
「……え?はい?何か用ですか?」

声をかけられ、漸く現実に引き戻された羽場だが、自分が何をしていたか解ってない様子でこちらを見た。
流石にこれは、本気で呆れるしかなかった。

「あのな、本の世界に入るのは勝手だがな、独り言は止めろ。」
「す、済みません。」
「大体、何の本を読んでいたんだ?」

羽場が読んでいる少し分厚い本を引ったくり、中身を簡単に流しながら捲ると、ある挿絵に手が止まった。
それは、一人の人間男性が巨大なドラゴンの頭を撫でているシーンが描かれていた。
他のページを適当に読むと、どうやらこの一人と一頭の友情をテーマにした小説の様であることが分かった。

「このペアが、物凄く仲が良いんですよ。」

嬉々として小説の良さを伝えようとする羽場だが、
そろそろ読みかけの本を再開させたい和賀は、本を羽場に押し付けた。
「とにかく、今は静かに読む時間だ。今度やったら……分かってるな?」

和賀の眼つきが変わったのを見て、羽場は顔を引きつかせながら静かに、そしてゆっくりと頷いた。

一週間後。

「プッ、クククククククッ……」

読書会の最中、またもや羽場は、今度は笑い声で和賀達の邪魔をしてしまった。
一応必死に笑いを堪えている様ではあるが、その努力も空しく、声は漏れていた。

「アハ、アハハハハハッ……」

とうとう我慢出来なくなったのか、羽場は、腹を抱えて盛大に笑い始めた。
そこで和賀は、読んでいる本を閉じ、静かに立ち上がった。
そして、首を左右に何回か捻り、肩を軽く回し、クラウチングスタートの様な姿勢を取った。
和賀の目は、何かを狩る眼つきをしており、数秒後、羽場の笑い声が悲鳴に変わったのは言うまでもなかった。

「お前は、俺を舐めているのか?」
「い、いえ……滅相も、ござい、ま、せん。」

死んだ様にうつ伏せに倒れている羽場に、その上に足を組んで座る和賀。
近くには、羽場が読んでいた本が落ちており、それを比取が拾い上げて、
読んで見るが、何の事が書いてあるか解らなかった。

「よく解らないです?」
「どれどれ?えーと……何かしら、これ?」

様子を見に来た織田が、代わりに読んで上げようとするが、すぐさま怪訝な顔になった。
その本の目次は、とにかく奇妙奇天烈なタイトルが書いてあり、中身が一体何なのかは予想がつかない。
織田は、取りあえず最初から読み始めると、漸く本の内容を理解する事が出来た。

「どうやらアニメやゲームにある凄い現象を、科学的に検証してみたって感じの本みたいね。」
「そんなのに笑っていたのか、お前は?」
「検証した結果の部分を、具体的な内容で書いてあるから、そこが面白いみたいね。」
「け、検証してる部分も、お、面白いです、よ。」
「そんな迷惑な本を何て読むな。」

回復してきたのか、先程よりも流暢に話し出す羽場に、和賀は、頭を叩いた。
後日、図書館の一画に、『静粛』と書かれた紙が張り出され、
騒がしかった読書会は、静かに行われる事となった。



関連:図書委員's 織田