※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イタズラを届けに


サン先生は思い付きで行動した。

──ガチャ!

「こんにちは帆崎ルルちゃん!ボクはザッキーのマブダチ・サンスーシです!
突然ですがザッキー・サプライズセレモニーのご相談に上がりました!」
「/////」
ルルは玄関に飛び込んで来たサン先生を見ず、耳まで赤くしてそっぽを向いた。僅かに震えている。プルプル。

「あれ?なんで恥ずかしがってるの?」
「ほ、帆崎って呼ばれ慣れてないから、なんかムズムズするの」
「ああ、わかるわかる。ボクも時々本名で呼ばれるとムズ痒いよ」

サン先生は勝手知ったる何とやら状態で、足の肉球を自前のタオルで拭ってスタコラと上がり込んだ。

「わー、ザッキーの愛の巣に土足で踏み込んじゃったー」

イタズラを仕掛けて居る時が何より楽しいサン先生。
帆崎姓をコールされた羞恥ショックから立ち直ったルルが、楽しげなサン先生をやっとまともに視認した。
そして──またプルプルと震えだす。

──な、何?なんなのこのちっさいモフモフ?犬?犬よね?いや……ぬいぐるみ?

「キ……」
「ん?どうしたのルルちゃん?」
「キャー、可愛いーッ!なにこれ?ぬいぐるみ?」

ルルはサン先生の中身が青年だとも知らず抱き付いた。まぁ知ってても抱き付いたが。
可愛いから。

「うわ、ちょっ!ルルちゃんダメ!そっちの悪戯は信義則に反します!
ボクはカタカナのイタズラをザッキーに仕掛けたいの!やめ、や、ぐえっ」
割と強い力で絞められた。

《十五分後》

可愛いもの抱き締めたいシンドロームの発作が治まり、サン先生とルルはティータイム真っ最中だった。

「へー、あいつと同じ歳なの?全然見えない」
「うんうん、よく言われる。成人コーナー立ち入りお断りされるもの。
ドーベルマン捕まえてちっさいから子供扱いだなんて酷いよね」

「あなたドーベルマン?弁護士の枯れおじ様と同じなの?わー全然見えない」
「それもよく言われるんだなぁ。ここだけの話、これでもボク、由緒正しき血統書付きの御家柄なんだよ?」
「ふーん」
「でも、なんか馬鹿らしくなっちゃって大学卒業してすぐ家出しちゃった!アハハ!」

「……」
「あれ?普段はこんな話しないんだけどなぁ。もしかしてルルちゃん、家出経験ある?」
「え?えと、私は……「ただいま~」

ザッキーの声。ルルは反射的にザッキーの出迎えに立上がった。
あ、サン先生どうしよう。
ふと思いだしてサン先生の方を振り返ると、窓が開いてカーテンがはためいていた。そこから脱出したらしい。

──なんか面白い人(犬?)だったな。
ルルはザッキーにお帰りを言った。


「鍵と財布、忘れた……」

サン先生はザッキーとルルの部屋のを見上げ、帰る電車賃もなく途方に暮れた。