※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

血は争えない?


ある晴れた休日。突然流虎が遊びに来た。こういう時に、二人が集まると何故か決まって(以下省略

「今度こそ普通のゲーム出してくれよ。」
「心配するな。今度のゲームは割と新しいから。」

そう言って、俺はパッケージに赤い月の載ったゲームを取り出した。タイトルに(仮)という字が入っていて製品版
なのに体験版っぽく見えるのは俺だけではないはず。

「・・・すみません。このルー語を話す女の子は何ですか?
ある県の人を馬鹿にしてるとしか思えないんだけど。何このクs・・・」

「言うな!!それを言ったら特定の人物を攻撃することになってしまう!!」

大人の事情なので軽くスルーするとして、今度は大河ドラマで人気の出た題材をゲームにした物をプレイする。

「・・・何この逆裁を目指したようで全然違うようなゲーム。歩き回るだけなのか?」
「・・・大奥の生活をお楽しみください。」

流虎は数分で飽きたようなので今度は次世代機のゴルフゲームをプレイさせてやる。

「おっゴルフゲームか。これならおもしろそうだ。」
「ああ、リモコンを振るだけの簡単操作だ。」

10分後・・・・

「・・・・スタッフロールが流れてるように見えるけど10分でクリアできるゲームなんて存在するわけないよな?な?」
「・・・・本当の地獄はこれからだよ。」

本当、俺が楽しいと思えるゲームにめぐり合えるのはいつになるのか・・・・



関連:眠兎&流虎