※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スレ3>>330-334 それでも静かな図書館


265 名前:ID:ttLPlFtj(因幡リオ)
┌─────────
│・新規購入調査票  
├─────────
│  若頭は12歳

└─────────

委員長は図書館に来ているようです

266 名前:ID:l5vWxTqM(星野りんご)
┌─────────
│・新規購入調査票  
├─────────
│ おいしいジビエ料理

└─────────

料理する気満々です


≫265-266
2限目が終わった休み時間。和賀の制服の内ポケットに規則的な振動が発生した。
和賀は、慌てる事無く教室を出ると、人気のいない場所に移動し、ポケットの中から携帯電話を取り出した。
画面を見るとメール着信のアイコンが付いており、メールを開くと和賀は、眉を顰めた。

「緊急委員会?」

メールの送信者は、司書の織田からであり、『三人一緒に絶対来る事!』と打ってあった。
珍しい、と思った和賀は、『分かりました。』と返信し、教室に戻るついでに羽場と比取に声をかけていった。

放課後。三人は図書館に入ると、既に委員会の定位置に座っていた織田が気付くと、激しく手招きをした。
何事かと顔を見合わせた三人は、急ぎ足で席に座ると、織田は何も言わずに何かををテーブルに置いた。
それは数日前に見た新規購入調査票であり、全部で二枚あるそれはキチンとタイトルが記入されていた。

「?この調査票は、何ですか?」
「羽場君、よく見てみなさい。」

言われた通りにもう一度、今度は注意深く見た羽場だったが、特に変わった所が無かったので余計分からなくなってしまった。
「こ、これは!?」
「も、もしかして!?」

和賀と比取は、突然後退りを始め驚愕の顔を浮かべていた。
まだ分からない羽場は、急に仲間外れなった事に不安になり、縋る様に和賀の肩を捕まえた。

「せ、先輩!あれに何の秘密が隠されているんですか?!」
「お、お前はあれが何なのか分からないのか?」
「分からないから聞いてるんです!」
「あ、あれは……生徒からの……リクエストだ。」

その言葉に織田から皮切りに、四人の声にならない叫びが図書館中に響いた。


至福っ・・・・・・
図書委員会の夢…‥
法悦‥‥垂涎の至福………

嬉々として騒ぐ羽場
至福の叫び‥‥

比取‥‥
ただ突っ立ってるだけ…
至福の傍観……

無論和賀も……
至福っ……
桃源郷を彷徨うが如くの圧倒的至福っ‥‥
開放っ‥‥

織田も‥‥
狂喜乱舞っ……

咆哮…歓喜…感涙…嗚咽…‥感動…‥そして…‥

感謝っ…‥
圧倒的感謝っ‥‥

そうだ……この調査票によ和賀達は成し得たのだ‥‥
図書委員会‥‥奇跡のリクエストを‥‥!

「それでは発表するわよ。」

至福の時から一時間後。和賀達は、もう何杯目か分からない缶ジュースをテーブルに置き、盛大な拍手が巻き起こった。

「まず一枚目は……あら?」
いよいよ発表されると思いきや、織田の疑問の声にそれは中断されてしまった。

「どうしたんですか?」
『若頭は12歳』って、この間入れた本よね?」

唐突に聞かれ、和賀は懸命に思い出そうとしていると、羽場がすぐさま答えた。
「それならオイラ覚えてますよ。表紙がマンガっぽくて印象に残ってましたので。20Aの棚にあります。」
「そうよねぇ。もう一枚は……」

織田がもう一枚の方を見ると、何故か泣きそうな顔になった。
「ねぇ、『おいしいジビエ料理』って本もこの間入れた覚えがあるんだけど……」

その言葉に、今度は比取が答えた。
「あ、はい。それなら10のCにあります。」

何という事であろうか。リクエストされていたものは、既に購入されていたのであった。
この図書館は途轍もなく広い。何かに例えるならビッグエッグと同等の広さである。
それ故に、生徒は置いてある場所を探しきれなかったから、無いと思ってリクエストされたのだった。

「い、今までの喜びはい、一体……」
四人は、魂が抜けてしまった様にその場に立ち竦んでしまった。
そして今日もまた利用者は、指に数える程しかいなかった。


332 名前: 通りすがり ◆/zsiCmwdl.(竜崎利里)

≫330-331
┌──────────────────┐
│     ・新規購入調査票      │
├──────────────────┤
│  モン○ターハ○ターP2G攻略本│
│                           │
└──────────────────┘

朱美「珍しく利里君が図書館に行ってるなーと思ったら……これを出す為だったのね」
卓「つか利里、お前は図書館を何だと思ってるんだ?」
利里「だってさー、漫画本があるならこれも良いかなってー」
卓&朱美『良くない良くない』
利里「ダブル突っ込みされたー!?(ガビーン)」

333 名前: 風紀委員長:因幡リオより。
≫331
わたしのリクエストした「若頭」はどこにある。
あれだけ探しても見つからない。これだけ利用者に不親切な図書館、図書委員の資質が問われるぞ。
こういう所は、きっちりしてくれないと。

いや、借りようと思って探してるのではない。ただ『そこにある』というだけで、ニンマリしてしまうファン心理。
日常に潜む僅かな隙間に、『わたしだけが知っている』という独占欲。
ま、にわかの読者には分かりまい。

…しかし、この図書館。寂しすぎるね。この孤独感は第2巻の『母(姐さん)の背中』を思いだすね…。
ゆみみ、寂しかったんだろうな。

334 名前:ID:uBWD3FzU(鎌田之博)
┌───────
│新規購入調査票
├───────
│公務員試験テキスト
└──────


塚本「うー、いてて、金的とかねぇよな……アレ?どこいってたんだライダー」
鎌田「ん、警察官とか正義の味方だなぁー、と思ってね」
塚本「はぁ?」