※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ARCHモデル

ARCH(autoregressiveconditionalheteroscedastic)model

金融資産価格には「符号は別にして,大きな変動の後には大きな変動が,小さな変動の後には小さな変動が続く」という変動集積(volatility clustering)の傾向があることが,1960年代に発見された.ARCHモデルは,収益率のt期の分散をt1期までの2乗収益率の関数とすることで,変動集積を捉えた条件付分散変動自己回帰モデルである.1980年代初期に提案されて以来,現在にいたるまで金融資産価格変動の実証分析に大きな威力を発揮している.その後、いろいろな拡張モデルが提案されている。

アクティブ運用

activemanagement

参照パッシブ運用