※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構 成

Ⅰ.

本編は1500 を越えるOR に関する用語の語句説明と,OR の歴史に残る約40名の著名人の紹介文を集めたものである.全体は語句説明・紹介文,和文索引,欧文索引からなる.

II.

見出し語,語句説明,配列順見出し語は原則として漢字・カナ書きを用い,略号には一部アルファベットと数字を用いている.見出し語にはひらがなの読みと対応する欧文表記を添えた.各見出し語は200字程度の説明を付し,50音順で配列した.アルファベット,数字を含む見出し語については最も慣用的な読みを付し,その読みにしたがって50音順に並べた.アルファベットの略号で定着しているものについては,欧文表記の後にかっこ書きでその略号を書き添えた.

III.

和文索引読者の便宜を図るために,本文の見出しとなっている用語のほかに,見出し語に含まれるキーワードを1700個程度集めて,それらを50音順に並べた(例「デリバティブ評価モデル」という見出し語に対して「評価モデル(デリバティブ)」「モデル(デリバティブ評価)」も索引の見出し語とした).ただし,濁音,半濁音は清音と同じとし,長音符は直前のカタカナの母音を繰り返すものとした(例ゲームは「けえむ」と読む).漢字については同一文字が連続するように並べた.また,数字で始まる語,アルファベットで始まる語は最初にまとめてある.索引の見出し語であって本文の見出し語でない場合は,矢印の後に対応する本文の見出し語を示した(例「解(積形式)→積形式解」は「解(積形式)」と同じ意味の「積形式解」という見出し語があることを示す).IV.欧文索引欧文索引は,見出し語の欧文表記(略語を含む)をアルファベット順に並べている.

50音索引