プロフィール

 フランス人の写真家、映画監督。日本の文化をドキュメンタリー映画化したこともある親日家で、しばしば来日しては仕事の合い間に多摩川を中心とする京浜地区の川でカープフィッシングを楽しんでいる。[1][2]
 名前はアルファベット表記ではSylvain Garussus、カタカナ表記するときは、シルヴァン・ガラスと短縮するときもある。[3]
 フランス語、英語、日本語の三か国語を使いこなすことができる。


執筆活動

  • 「カープフィッシングの考え方」 Carp Fishing 2010 Fall vol.6 つり人社

脚注