方法(SEEDp)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<<iso吸い出し>>
 ○UMDからisoを吸い出す

<<wav変換>>
○入れたい曲をRip!AudiCO FREE Ver 4.03でwavに変換しておく

<<adx変換>>
adxencdをCドライブの直下におき、コマンドプロンプトを起動

○入れたいwavを全てCドライブ直下に移動

○コマンドプロンプトで「>cd」と打ち込む(cdとcの間は半角スペース)

○コマンドプロンプトで「>adxencd.exe 変換するファイル名.wav」と打ち込む

○エンコードが終わるのを待つ

○「入力音声サンプル数    : xxxxxxxx smpl = xxx.x sec」の「smpl」の値を見ながら、下に「adxencd.exe 変換したいファイル名.wav -lps0 -lpe(smplの値)」と打ち込む

○エンコードが終わるのを再び待つ


<<音楽差し替え>>
UMDGenを起動し、吸い出したisoを開く

○「Y_DATA.BIN」をFlexRena730で「Y_DATA.AFS」とリネーム

AFSExplorerで「Y_DATA.AFS」を開く

○目的のファイル上で右クリックし、コンテキストメニューから、 Importを選択。
ファイルダイアログよりインポートしたいファイル()を指定し、差し替える
※この時、インポートファイルがAFSExplorerに表示されているMax. Sizeを超えてしまう場合、
先にリザーブスペースのモディファイを行う
(行わない場合、SEED_ADX.AFSが壊れる)
壊れてしまった場合修正不可能ですので、Y_DATA.BINの吸い出しからやり直しとなります

<リザーブスペースの作り方>
○メニューのAdvanced>Modify reserved space [Ctrl+R]を選択しReserved spaceウインドウを開き、ウィンドウでファイルを指定し、右上の上下バーで容量を指定する
○容量を指定後、Regenerate AFS!ボタンをクリックし、元のファイルと別の名前でファイルを保存する(保存後、元に戻す)
○リザーブスペースを作った後、上記方法で音楽をImportする

<<isoに還元>>
○音楽を差し替えたら、AFSExplorerの左上、「File」→「Import AFS File」で任意の場所に保存する

○「Y_DATA.AFS」をFlexRena730で「Y_DATA.BIN」とリネームする

○UMDGenを再び開き、先ほどのisoを開く

○iso内の「Y_DATA.BIN」をDeleteで削除し、ソコへ先程リネームした「Y_DATA.BIN」をドロップする

○左上のSaveで保存して完成
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。