まももシステム詳解


エンカウントシステム

黒い敵シンボルに接触すると戦闘に突入する。
このとき、敵シンボル1体につき1匹の敵が出現する。
また、攻撃や技には『攻撃範囲』(角度)というものが決められており、より近い位置にいる敵を巻き込み、まとめて攻撃できる。
このシステムでは、 タイマンで敵と3回戦うよりも、角度の近い3体の敵と同時に戦ったほうが楽な場合もある。
しかも多くの敵と同時に戦う事で、経験値やアイテムのドロップ率が増える。
バラバラに出てきた3体の敵に囲まれたら?その時は全滅履歴が1つ増えるだけです。


ビンの数しか回復薬持てないシステム

文字通り。回復薬はこのゲームの主な回復手段であり、その種類は2つ。
『体力回復』 HPを最大まで回復する
『気力回復』 SPを最大まで回復し、 戦闘不能を含む大抵の状態異常を回復する

この2つの回復薬を持てる合計=ビンの総数となっているので、
限られた数の回復薬を良く考えて振り分けるのが、攻略のポイントである。
ビンの振り分け方:泉でビンの数選択時に、上下左右キーで数量変更

これら以外にも敵のドロップアイテムを使えば体力が回復するが、雀の涙ほどしか回復しない。


なんでも装備システム

武器、防具の他に、『なんでも』という装備欄があり、『なんでも』装備をする事ができる。
この『なんでも』というのは武器、防具、薬、ビン、敵のドロップアイテムと、本当の意味でなんでも装備できる。
プレイヤーによってかなり幅広いカスタムが可能で、プレイスタイルに幅を持たせている。
また、武器、防具は 『なんでも』欄に装備したときは、全く別の効果になる。


料理システム

いくつかのアイテムを掛け合わせて、強力なアイテムを作成する。要するに合成システム。
レシピを手に入れる事で作成可能な料理の数が増える。
なぜか『料理』によって食物以外のものが手に入る事もある。
果たしてあれは料理と呼べるものなのだろうか。なんか雷出てるし。


家具のようなものシステム

アーロンアーロンの家で特定の物を買うと、部屋に家具(インテリア)が置かれる。
その家具を調べる事で、色々な効果がある。物語の設定集が見れたり、料理が出来たり等。


全滅履歴

このゲームを象徴するもの。
どこで、誰にやられたのかが記録される。
中には面白い死に方もあり、目を通してみるのも一興。