考察

物語の大まかな流れ考察


小さい頃、引越しが多くて友達が出来なかったいりす。いつしか彼女はクラスから孤立してしまう。

そんな彼女にひとりの友達が出来る。それは一匹の兎だった。

あるとき、その兎が一匹の猫によって されてしまう。いりすはその猫を・・・

そして時は流れ、大学生活を送るようになったある日、偶然宇々島 智のノートを見る。
そこに書かれていたものを見て、私と志を共にする人、運命の人と思い込む。
そして二人は付き合い始める。(おそらく、これはいりすの妄想。その時点ではうーじと話した事すら無いから)

あげはえどうーじが親しくなり、旅行に行く。(泥棒猫!)
自分の恋人(思い込みだが)を盗られた事で、いりすがえどとあげはを す事を決意。死亡フラグが立つ。

いりす、3人と初めて会話する。(うーじと会話するのもこれが初めてっぽい)
3人と仲良くなって(計画の為に)、ある計画を持ち出す。

いりす症候群のゲーム(計画決行の時)

+ BAD END
+ NORMAL END


  • 計画の実行を決めたいりすの「気分」を左右するのが、『瞼の裏に広がる無機質な世界でのひとり遊び』であり、これが恐らくゲーム本編の事だと思われる。小さい頃から彼女はこのひとり遊びをずっと繰り返していたらしい。 (2008-10-06 01:28:22)
  • タイトル画面のブラックジャックの先が赤くなってるってことはつまり… (2008-10-09 00:37:08)
  • ↑あれは単に靴下の色なんじゃないかな? 踵と爪先だけ色の濃い靴下なんだと思った。まあ中には色々詰まってそうだけど。 (2008-10-09 02:32:17)
  • trueend以降は分からないけど、進んで出てくるtxtが「か」からのあいうえお逆順だね (2008-10-12 23:06:19)
  • いりすは兎だけでなく、猫とも友達だったのでは?だからこそ…までに猫を憎悪するに至ったのだと思います (2008-11-29 21:58:06)
  • ↑タイトル画面放置で出るテキストに「私は喘息の症状が出るので猫ともみんなとも遊べなかったけど」と書いてあるので、たぶん違う (2008-11-30 19:55:23)
  • ↑その前の文は「友達はうさぎのほかに猫がいた」って書いてなかったっけ? 「みんなとも」は「あまり」とかその辺だと思ってた (2008-12-12 09:24:26)
  • 安芸は一般的に[あげ]ではなく[あき]と読むので、あげはの名は[安芸あげは(あきあげは)]では?
    [安芸は○○]という名前だとしたら、読み方は[あきは○○]になるので、これでは普通[あげは]というニックネームにはならないと思う (2009-03-27 02:08:29)
  • さすがにこれだけ空けば語ってもいいよね?最後のイラスト。 アレ……その、残ってる部分が「つけあわせと一緒に皿に載せられてるウサギ」に見えるんですよ。 で、ここまでやらかしてると言うことは元々描かれていたのって、私には「皿に載せられた兎を喰ってる猫」の絵だったんじゃないかなー、とか…… *1 ))) (2009-05-01 12:54:04)