ジョル

ナナの幼馴染。「ナナの物語」の中に登場する。

幼い頃、ナナと共に「魔王物語」の第一章をまねてナナの家の裏にある塔に登った際、発狂したゼルヒに彼女の目の前で杖で何度も叩かれ大怪我を負わされる。
それから17年が経ち、大人になった彼はゼルヒを倒すためのレジスタンスのリーダーになっており、ナナと再会した際彼女に協力を求めるも断られてしまった。

子供時代に負った怪我の後遺症なのか、現在は車椅子に乗っている。